SP式記憶術~ワーキングメモリー

記憶トレーニング ワーキングメモリーの容量を増やす

SP式記憶術でワーキングメモリーを増やす 人間の脳はパソコンに似ています。パソコンは、たとえHDDが大容量でも、メモリの容量が充分にないと、思うような作業をすることができません。並列作業で一度にたくさんの作業をすると、時々フリーズしてしまいます。メモリーを増設すれば問題は解決できます。
パソコンのメモリに相当する仕事をしているのが私たちの大脳の前頭葉に存在するワーキング・メモリーです。この容量が不足しているために、試験中に頭の中が真っ白になったり、文章が理解できずに返り読みになったりします。これは脳がフリーズしている状態です。
ワーキング・メモリーの容量不足を解決する方法があります。

脳のメモリを増やすには

人間が一度に覚えられる記憶量は7 ± 2チャンクと言われています。たとえば電話番号を一度に覚えられる、または英単語を一度に覚えられる数量です。それ以上覚えようとすると、前に覚えていた内容を忘れてしまいます。チャンキング記憶術では、一度に固まりで覚えていきますので、ワーキングメモリーの容量を増やすことができます。例えば英単語を3つの同意語でまとめて覚えると、(7 ± 2)×3、つまり21 ± 6に容量が増設されます。文章でのワーキングメモリーの容量は4 ± 1チャンクと言われていますが、チャンキング記憶術で書き出し量を大幅に増やすことができます。

SP式速読では、インプット→キープのレベルまでトレーニングできます。
SP式記憶術では、頭の中から知識を引き出すことに重点を置きます。


  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!