試験に強くなるSP式記憶術講座

資格試験、受験に強い SP式チャンキング記憶術

大学 SP式記憶術のトレーニング様子

 ハーバード大学教授でアメリカ心理学会の会長ジョージ・ミラーは人の短期記憶容量が7±2チャンクであると発表しました。数字や名前なら7つを一度に覚えるのがやっとです。しかし二桁の数字をイメージ変換して連想法で十桁ずつを覚えると、最大80桁まで覚えることができます。
 世界記憶力選手権で行われる「スピードナンバー」の競技の優勝者は、ランダムな数字を5分間で500桁覚えることが出来ます。連想した十桁の数字を場所法で50箇所の置き物に結合させています。円周率の暗記記録10万桁の世界記録保持者、原口證氏も連想結合法を使っています。このように固まりで覚えるチャンキングの記憶術のトレーニングをすれば、あなたの記憶容量が増え、英単語や資格試験、受験の本の内容を高速で大量に記憶できます。短期間で試験勉強を進めるあなたの強い武器になります。

本物の知識が身につく速読術 無料体験

記憶の三段階をスピードアップ~SP式記憶術

SP式記憶術の方法は、記憶の3段階を速読でスピードアップできる高速学習法です。
一般的に、一度に覚えられるのは7 ± 2チャンク。しかし、記憶のテクニックを使えば、ストレスを感じずに50も100も覚えられ、記憶力が向上します。テキストだって楽に覚えられるノウハウを伝授します。


INPUT
精読・熟読の読み、スピード暗記法

KEEP
反復法、イメージトレーニング

OUTPUT
ブレインマップ、ワーキングメモリーの容量を増やす、チャンキング記憶術

SP式記憶術講座 受講生の声

速読・記憶、両方ともおもしろかったです。論文を書いたりする際、記憶術を展開をしてやるやり方が論理的な積み上げをするのに大変良いと思いました。
来る値打ちはあったなと思います。
M.Tさん (大阪教室 受講生)

記憶力を向上できたことにより、昔から感じていた「読書に対する面倒くささ」を大きく減らすことができた。記憶術では連想結合法が大きな効果を発揮した。物語文法はよく整理されたおもしろい分析である。
田沢 大地さん (京都教室 受講生)

SP式記憶術 受講生のトレーニング例

30分読書レポート (30分で速読し、本を見ずにレポートを書きます)

SP式記憶術で記憶脳を作る

SP式記憶術講座では以下のような種類分けをしています。
基礎的な内容から順に段階を踏んでレベルアップしていきます。

脳のメモリーを増やすために、チャンキング記憶術を中心に行います。
人間の一度に覚えられる記憶量は7 ± 2チャンクといわれています。
チャンキング(固まりで覚える)訓練により、書き出し量を10倍以上に増やすことが出来ます。
文章を読むときの記憶量は4 ± 1チャンクです。これもどんどん増やすことが出来ます。

 記憶術講座の目標
1回=40分 目標トレーニング内容(内容には個人差が出ます)
受講前
平均
文章キーワード
書き出し3~5個
レッスン
10回
文章キーワードの
書き出し20個
本の書き出し 5ページ
単語イメージ記憶、連想結合記憶
ブレインマップ、物語文法マップ
レッスン
20回
文章キーワードの
書き出し40個
本の書き出し 10ページ
単語イメージ記憶、連想結合記憶、頭文字記憶
ブレインマップ、物語文法マップ
レッスン
30回
文章キーワードの
書き出し60個
本の書き出し 15ページ
単語イメージ記憶、連想結合記憶、物語文法記憶
ブレインマップ、物語文法マップ
レッスン
50回
文章キーワードの
書き出し100個
本の書き出し 30ページ
連想結合記憶、物語文法記憶
樹木型情報整理記憶術
ブレインマップ、物語文法マップ

複雑な内容の本の要点を詳細に暗記する
「ブレインマップ」

 本の内容の全体の重要ポイントを、あまさず暗記するには、どうしたらいいでしょうか。ひとつは「ブレインマップ」と呼ばれる手法があります。
 次の図は茂木健一郎氏の著書『脳を活かす仕事術』(PHP研究所)の第5章「出会いが、アイディアを具現化する」の内容をブレインマップにした表です。

ブレインマップ

 最初に読んだ本の内容を書き出します。重要だと思えるキーワードやイメージを書き出します。キーワードは名詞や動詞が中心になります。抽象名詞のときは具象化してください。動きのあるものは記憶に残りやすくなります。
 本文を1、2回読んで、すべてのキーワードを書き出すようにしてください。連想すると思い出しやすくなります。最初は少ないページ数から始めて、思い出せない単語はもう一度その本を見ながら重要なキーワードを書き出してください。キーワードを書く理由は、文章よりも書く量が少なくなるからです。また、内容が一目でわかりやすくなります。
 なぜそうなるのかというと、私たちの頭のなかの長期記憶(心内辞書)には、文章ではなく単語として知識が蓄えられているからです。文章は液体のように自由に変化します。変化するものは覚えにくいのです。反対に、単語は固体のように一定の型を保っています。単語の用例はいろいろありますが、文章のなかで用例が決まります。
 文章で書くよりも、キーワードで書いたほうが圧倒的に一目で理解しやすいので、とくに複雑な内容を整理するときにブレインマップを描くのは効果的です。復習も楽にできます。脳の神経細胞やシナプスを通過した刺激がもう一度瞬時に再現できるからです。
 文章で書いた長いノートは復習に時間がかかり、けっきょく、復習をしないで終わりがちですが、ブレインマップは覚える力を強め、あなたの思考をまとめ、論文を書く力がつくので、勉強に役立ちます。

小説の内容を詳細に暗記する「物語文法マップ」

 次の図は「ソーンダイクの物語文法」に基いて、星新一著の『妄想銀行』の小説をまとめたものです。
物語文法
 物語は「設定」「テーマ」「展開」「解決」の4つの構成要素に分けられます。
 「設定」は時間、場所、登場人物。
 「テーマ」は事件と主人公の達成すべき目標。
 「展開」はエピソードがどのようにつながっていくか。
 「解決」は事件がどのような状態になったということを表します。
 物語文法を使うと、小説のあらすじやイメージだけでなく、小説全体をよく理解して記憶することが出来ます。

本物の知識が身につく速読術 無料体験

記憶術の方法

記憶力を高めるには

記憶力を高めるには

 SP式記憶術講座は欧米式の記憶術をべ一スとして、SP式受験記憶術を取り入れています。大別すると単語の記憶と、文章の記憶になります。
 一般的に一度で見たり聞いたりして覚えられる数量は、7±2と言われています。これは記憶術の訓練により、10個から100個に増やすことが可能です。
 学問的な内容ではイメージが使用できない場合が多いので、イメージ変換が可能ならば、イメージで覚え、不可能ならば学問スキーマ法で図式化して覚えます。文章の記憶では、小説ならば文章イメージ法や物語文法、説明文ならばブレインマップで覚えます。1冊の本を覚えるにはスピード暗記法になります。
 インプットの王様は精読です。
 記憶の過程はインプット(記銘)→キープ(保持)→アウトプット(想起)となります。インプット過程で最も重要なのが精読です。集中力や注意力を働かせて正確に読んだ情報は記憶に残ります。1回では長期記憶までには至らなくても、3回以上読めば、記憶に残ってきます。
 インプットのために精読し、それで覚えられなかったものだけ他の方法で覚えれば良いわけです。

SP式で記憶力を向上させる

頭の働きが良くなり、学習効率が高まる! 成績、仕事力UP!

SP式記憶術 パソコントレーニングの概略

SP式記憶術のトレーニングはイメージ記憶術と暗記法に大別されます。

イメージ化した方が文字だけの処理よりも記憶定着時間が長くなります。
イメージ記憶術は、イメージ変換法、連想結合法、かけくぎ法、場所法から成り立っています。チャンキング記憶術でアウトプット能力が高まり、一度に10単語から100単語を記憶することが可能になります。
長い文章を読んでその内容を正確に書き出せるようにトレーニングを行います。


  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!