SP速読学院ロゴ

国語の読解力アップ! 無料体験レッスン実施中

小学校~高校3年の文章、中学・高校・大学受験にも対応

もう1つ上の学習法
限られた時間、速く読めたら考える時間を長くとれる。
見直しもすぐできる。

読書速度はすべて、初めて手に取った本を一言一句漏らさず読んで計測しています。

SP式速読を習得すれば、精読や熟読でも読書速度があがり、テスト時間内に何回も問題を読み直すことができます。さらに時間に余裕が持てるため、じっくり考える時間がもて、結果、正答率が上がるのです。

受講生の速読体験談
写真
A.Kさん(読書速度 126,400 文字/分)

「中学の国語のテストでは97点と学年トップになりました。結果的には5教科全体の成績がアップしました! 」

写真
三山 大誠さん(読書速度 18,000 文字/分)
「児童書を1冊、8分くらいで読めます。」

写真
K.Hさん

同志社中学に受かってうれしいです。

写真
Sさん
名古屋市立大学医学部合格。「前年度131点だったセンター国語が今年のセンターでは 179点までアップしました。速読を習い始めて全科目に時間的な余裕ができるようになりました。」

写真
M.Iさん
浜松医科大学合格。「センター試験では国語と英語の2教科で約200点上がりました。 約5回のレッスンで4倍の読書スピードになり、現代文や英語が何回も読んでしっかり考えられます。」

写真
武田 怜佳さん(読書速度 22,960 文字/分)

「普通の方が1回読む間に5回10回と読めてしまいます。速読を習って良かったことは、もちろん学校の勉強に役立てたことです。」

写真
K.Kさん(読書速度 19,500 文字/分)
「SP速読学院に通い始めてから勉強がはかどるようになり、学校の小テストの点数が上がっていくのが不思議な感じだった。」

写真
親子でトレーニング内容を共有でき、子供のレベルや上達ぶりも毎回わかるので、親としても安心でした。 また親子一緒に受講することにより、お互いライバル意識が働き、1人で受講するよりも上達出来ました。おそらく、子供だけで通わせていたらこんなに長くは続かなかったと思います。
【柳澤雅子様】自由設定コース(50回)を受講中
受講前:精読559文字/分 → 精読9675文字、全体理解23200文字(46回目)
【柳澤 愛様】(中学2年生)総合コースを受講中
受講前:精読630文字/分 → 精読10000文字、全体理解31350文字(44回目)
※速読力や記憶力の上達、成績アップには個人差があります。
spget3
 1・頭の回転が速くなり、脳のレベルが一気に上がる
 2・偏差値を短期間でアップさせる
 3・第一志望校への合格力をつける

①有名校受験、試験時間内に解答するための国語読解スピード
有名私立中学受験
国語試験時間
60分
国語問題文文字数
約8,000文字~10,000文字
読解時間の目標   20分
解答時間の目標   40分
読解速度 分速300文字
問題文を読む場合(1回)
読解時間 約30分
解答時間わずか30分
読解速度 分速450文字
問題文を読む場合(1回)
読解時間 約20分
解答時間は40分
有名高校受験
国語試験時間
60分
国語問題文文字数
約10,000文字~12,000文字
読解時間の目標   20分
解答時間の目標   40分
読解速度 分速400文字
問題文を読む場合(1回)
読解時間 約27分
解答時間わずか33分
読解速度 分速550文字
問題文を読む場合(1回)
読解時間 約20分
解答時間は40分
センター試験
現代文のみの試験時間
45分
国語問題文文字数
約15,000文字
読解時間の目標   15分
解答時間の目標   30分
読解速度 分速500文字
問題文を読む場合(1回)
読解時間 約30分
解答時間わずか15分
読解速度 分速1000文字
問題文を読む場合(1回)
読解時間 約15分
解答時間30分
読解スピード(熟読)では解答時間が不足するため、全問を解く時間が足りません。
時間の余裕が出ると右の事が出来ます。

①解答を考える。②繰りし読む。③ミスが無いか再チェックする。④記憶を思い出す。
※入試問題での平均読書速度は分速300~400文字。
受験生は問題文の読みで時間を使い、しっかり考えて解答する時間が足りません。

読解力アップ+集中力アップ+記憶力UP=国語力UP 国語の読解力はすべての教科の理解の基本となります。
国語読解力が不足している人は、算数や数学の計算は出来ても、応用問題は出来ない事があります。SP式トレーニングで文章の内容を憶えるスピードがアップし、内容を思い出す力も格段にあがり、理解力・記憶力がアップします。
国語力が高まり、文章をラクに読めるようになれば、普段から本や新聞などを読んで、いろいろな科目や分野の背景知識を身に付けることができるようになります。

教室用トレーニングソフト

返り読みの癖を取るための単語再認自動化トレーニングや記憶力を高めるイメージトレーニングなど、SP式独自の能力アップトレーニングを行うことで、読解の過程をすばやく確実に処理できるようになり、国語読解力が良くなります。 小学校~高校3年の国語の教科書レベル・入試レベルの教材を用いて訓練します。

※当学院では約1時間集中して学習できる人、児童書を読んで理解できるお子様(個人差がありますが小学校2年生から受講可)から大学受験生までの受講をお願いしております。小学校1年生~3年生は保護者様と同時受講あるいは同伴をお願いします。

教材SP式スピード国語読解トレーニングソフト, 小1~高3・国語読解問題集
(小学校1年~高校3年用・中学入試用・高校入試用・大学入試用)

◎国語読解問題集は下記の出版社発行の学習塾用教材を使用しています。
◎約300冊の国語読解問題集の中から個人のレベルに合わせて厳選します。
エデュケーショナルネットワーク(中学受験新演習 国語 / 高校新演習プログレス 現代文)、文理(中学WinPass国語)、好学出版、都麦出版(国語読解の名人)、学書、学友社(アクティブ国語)、正進社、廣済堂あかつき、CKT、旺文社(国語読解 / 現代文 大学受験レベル別問題集)、創育、学林舎、日本教育研究会、西北出版、受験研究社、東教出版、啓文館

NHKカルチャー梅田教室で『親子で簡単!スピード国語読解講座』を開催しました

講師: SP速読学院 学院長 橘遵、京都教室 九十九インストラクター
講座内容: 速読・読解力・記憶力を身につけるトレーニングに親子で挑戦しましょう。 学習能力があがるため、学校での勉強も楽しくなりますよ。(対象:小学校2年~6年、児童書が読めるレベル)
開催日: 8/1(土)10:00~12:15

 当日は小2、小3、小4、小6の児童とそのお母さんが参加されました。
トレーニング前の読書速度は分速300文字レベルから600文字が中心で、1人だけ1500文字の児童がいました。
 各学年の長文読解問題に親子で挑戦していただきました。 小2は『わにのおじいさんのたからもの』、小4は『クリのみのなるころ』、小6は『猛スピードで母は』の問題を解きました。
中には親子で解答が違っており、小学生の方が正解していました。
小学生の問題でも甘く見ることはできません。
 その後各学年の文節読みトレーニングを行いました。速読レベルの高速で見ているだけで約3倍スピードアップしました。
単語を速読で認識する訓練も学年に合わせて行いました。平均で5~6単語を速読レベルで認識しました。
それからイメージ訓練を行い、5分休憩をはさみました。
次に眼筋ストレッチ運動、視点移動トレーニング、指差し読みを行いました。
読書速度を測ったら、分速3000文字を超える児童がいました。
全員が分速1000文字を超え、お母さんたちも子供たちに近い成果を出されました。約2時間で平均3倍以上と成果がありました。
 橘学院長は子供たちに自分たちの脳みそをどれくらい使っていると思うと質問しました。
大半の子どもたちは50%以上と答えました。
アインシュタインでも4%しか使っていなかったんだよと脳について少し説明をしました。
学院長は本当に子どもたちの脳は可能性が大きいと思い感動しました。
SP式 記憶術講座

難関校受験のための勉強時間(偏差値70の場合)

学年 受験勉強時間 備考
小学5年生 2000時間(塾含む) 中学受験
小学6年生 2000時間(1月末で計算、塾含む) 中学受験
中学3年生 1400時間(塾除く) 高校受験
高校3年間 4300時間(塾・予備校除く) 大学受験
高校3年間 5000時間(塾・予備校除く) 国立医学部受験

受験合格のための5つのコツ

① 集中して勉強する

② 出題傾向を知り、ポイントを絞り学ぶ

③ 読解スピードを上げ、勉強の効率を高める
(テストの問題を読む、受験勉強の効率化、直前の復習に効果)

④ 勉強の総時間よりもトータルの勉強量(どこまで勉強して覚えているか)が大事

⑤ 長期記憶になるまで数回復習する。

橘遵学院長のアドバイス

(高校進路指導主任を務めた受験のエキスパート)
中学受験、高校受験、大学受験で難関校受験指導や多数の合格実績を持つ 

難関校中学受験について

1. 小学校低学年で読書力をつけましょう!

2. 読書に親しむ態度を育てる為に、ご両親も子供さんと一緒に本を読む習慣をつけましょう!

3. 効率よく勉強するコツを身につけましょう!

4. 受験準備は早くから始めたほうが合格率が高くなっています。

5. 社会、理科、算数(文章題)の学力は読解力があれば伸びていきます。

6. 小学校の間に新聞の社説を読んで要約できるようになりましょう!

7. SP式速読記憶術で読解力、記憶術、集中力を高めましょう。

※親子で受講されるケースが増加しており、人気があります。

難関校高校受験について

1. 難関校を目指すなら、内申点は中1のときからオール5を目指しましょう。

2. SP式の速読記憶術で読解力、記憶力、集中力を高めましょう。

※OECDが実施した生徒達の学習到達度調査の結果、数学的能力、科学的能力、問題解決能力は世界トップレベルであったが日本の子供達は読解力の得点が世界平均レベルまで低下しており、読書離れも要因として考えられます。(PISA調査)

3. 中1のときから読書能力を高め、熟読で3倍以上速く読んで問題を解けるようになりましょう。

難関校大学受験について

難関校現役合格者の受験勉強を始めた時期
受験勉強を高1から始めた 約 30%
受験勉強を高2から始めた 約 45%
受験勉強を高3から始めた 約 25%

1. 難関校を目指すなら高1から受験勉強をスタートしましょう。

2. SP式の速読記憶術で、読解力、記憶術、集中力を高めましょう。

3. 高1の時から読書能力を高め、熟読で少なくとも3倍以上速く読んで問題を解く力を身につけましょう。

読解力をつけるスピード国語読解 トレーニング

パソコントレーニング例 (スピード自由調節可能)
単語再認自動化トレーニング
小学生低学年用
小学生高学年用
教科書レベル教材
1~128単語/秒で表示
中学生用 教科書レベル教材
1~96単語/秒で表示
高校生用 教科書レベル教材
1~96単語/秒で表示
文節読みトレーニング
小学一年~小学六年生用 文章 183種類 分速200~10,000文字対応
中学生用 文章 94種類
高校生用 文章 110種類
文章イメージトレーニング
10種類の文章でトレーニング
500~50,000文字/分で表示

精読のスピードの比較(国語・現代文) ※精読…正確に理解して記憶に残る読み

SP式 スピード国語読解講座 トレーニングの流れ
①リーディングスパン向上 ②英単語パターン認識 ③英単語再認自動化 ④英単語イメージ ⑤同時通訳方式フレーズ読み ⑥高速リーディング ⑦成績アップ

精読(細部まで正確に理解した読み方)の読書速度の目標
1回 = 40分速度の目標トレーニング内容(教科書や参考書で訓練)
レッスン
10回
1,000文字/分 返り読みの癖を取る、速読の目をつくる
読書習慣の改善
レッスン
20回
1,500文字/分 スライド読み、単語イメージ、速読の目をつくる
レッスン
30回
2,000文字/分 リーディングスパン向上、熟語の高速認識
レッスン
50回
3,000文字/分 音読の癖を取る、文章イメージ、キーワード書き出し
レッスン
70回
4,000文字/分 物語文法やブレインマップによる
文章書き出し

読書スピード対照表
読書スピード
(1分で読む
文字数)
500文字 1,000文字 2,000文字 3,000文字 4,000文字
1冊を読む
所要時間
約 4 時間 約 2 時間 約 1 時間 約 40 分 約 30 分

(1冊200ページ・1ページ15行・1行40文字の場合)
上記の数字は、1冊あたりの文字数と読書スピードとの関係で、単純に計算されたものです。
実際の文庫1冊にかかる所要時間は、本の難易度や集中力、本の内容に関する背景知識をどの程度持っているかなど、さまざまな要因で変化します。

『インプットできる読み方』で、読書スピードアップ。
読解力がつき、読んだ内容が記憶に残るので、本を読むのが好きになります。

読書力を高める

スピード国語読解無料体験レッスンのお申し込み

お得な特典満載の体験レッスンにトライしてみませんか?
体験レッスンは、国語読解力アップへの入り口であり、確かな一歩となります。

無料体験のご予約は0120-784-005

フリーダイヤル(受付時間内のみ)または下記のご予約フォームよりお申込みください。

無料体験 お申し込み

1.コースを選択してください。


2.教室を選択してください。

教室写真

SP速読学院 東京教室
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-5-11
新宿三葉ビル5F 525号室

お問合せTEL:0120-784-005
東京教室:03-5843-6353
(直通:090-7225-6910)

教室地図

3.時間割をご確認いただき、ご希望の日時を選択してください。
 ★当日又は翌日のご予約は、お電話にて受付させて頂きます。
第1希望 ※必須

第2希望 

第3希望 

第4希望 
教室時間割

※教室を選択しても時間割が切り替わらない方は正しく申し込めない場合があります。(詳しくはこちら

※第1希望が満席の場合、ご予約をお取りできませんので
宜しければ第2〜第4希望までご記入ください。
※体験レッスンは、コースに関係なく、お1人様1回限りの受講とさせて頂きます。


4.お名前、ご連絡先、人数をご記入ください。* は必須項目です。
・ふりがな
・ご氏名 *
・メールアドレス *
・お電話(携帯可)*
・ご参加人数
・ご年代
 
 
    ※3名様以上グループの場合はご相談ください

5.備考欄(ありましたら)をご記入の上、「お申し込み」を押してください。
  ※小~高校生の方の受講の場合は、学年をご記入ください。
  ※保護者の方がご同伴される場合は、人数をご記入ください。

・備 考


同業他社の方のご参加はお断りさせていただきます。

・プレゼントの体験版ソフトの内容は全てのコースで同じものとなります。
・無料体験レッスンは速読が初めての方も、速読訓練の経験がある方も、ご受講できます。
・簡単なコース説明などを致しますが、入会の勧誘・強制はありません。お気軽にお申込みください。
・無料体験は原則的にお一人様1回までとなります。何卒ご了承ください。




  • このページの上部へ
  • トップページへ
  • サイトマップ
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.