記憶術情報 学問では右脳記憶よりも丸暗記が中心

学問では右脳記憶よりも丸暗記が中心

学問を4つに分類すると、人文科学、社会科学、自然科学、文化芸術になります。この中で右脳のイメージ記憶が役立つ分野は、文学、地理、医学を除いて、ほとんど文化芸術だけになります。
下の図を参照してみましょう。

こうして見ていくと、右脳の分野だけで成立可能な学問は美術と写真だけになり、他の分野は、左脳の助けなしには成立しません。
上に挙げた以外の学問分野はほとんど全て左脳の論理、説明の分野にあたります。
人文科学の中で哲学、社会科学の中で法学、自然科学の中で物理学を、例にとってみましょう。これらの学問に右脳のイメージは、ほとんど関係ないと思われます。
ロジャー・スペリー博士の右脳理論の発表以来、記憶術の中心分野は右脳記憶でした。
しかし、学問分野で右脳記憶が活躍できる部分は限られており、学問分野で従来の記憶術が実用的ではないので、スピード暗記法を提案しているわけです。


スピード記憶術講座へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。

本物の知識が身につく速読術 無料体験


  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!