速読の理論 熟達した読者の読みのプロセス

熟達した読者の読みのプロセス

文章を読解する時に、目や脳がどのように働いているか「モデル」を作りました。認知心理学から見た読解モデルです。このモデルを見ると、今までの大部分の速読法では、視覚的処理の段階と、文章読解処理の段階の訓練しか行なわれておりませんでした。認知過程の単語検索処理の部分は個人の勉強に任されており、速読法が専門書や試験問題でも適用されることは、困難でした。
文法的処理の段階も、個人に任されていました。文章読解処理の中で文章のイメージ訓練が行なわれているのは、小説などに限定されていました。文章記憶処理は思考や記憶の段階ですが、理解度チェックを行なっている速読教室は、ほんの一部になります。
これらの全ての作業を行なうことは教材準備に時間と労力を必要とし、とても1人や2人でやりきれるものではありません。大部分の速読教室は視覚的処理の段階で目のトレーニングを行ない、右脳の潜在能力を活性化していく能力開発の段階で終わっています。
読解力や記憶力を開発していくには、これらの全てを実行していく必要があると、SP式では考えています。

SP式速読法講座へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。
無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!