京セラ株式会社本社で速読セミナーを行いました!

京セラ株式会社本社で速読セミナーを行いました!

11/20(水)18:15から京セラ株式会社で速読セミナーを開講しました。
今回のセミナーの主な目的として読書量を増やすことはもちろんですが、
仕事の処理速度UPやキャリアアップなども目的として含められている方も
多くおられ、非常に熱量の高いセミナーとなりました。

仕事の後で疲れているにも関わらず158名もの方が
ご応募してくださり、部屋に入りきらないのではという
心配をしてしまうほどのセミナー開講でした。

SP速読学院ではこれまでも多くのセミナーを行ってきましたが、
このような地元の企業のために貢献できることはいつでも
大変光栄で喜ばしい機会です。

担当の方曰く、このようなセミナーの過去最高出席者数が
80人ほどだったそうです。

当初の予定では40人~50人の参加者を想定されていたことを考えると、
情報過多の現代を生きる上でどれほど多くの方が速読的なスキルを
求めているかがよく分かる結果となりました。

参加者は法務部や開発関係という
普段から文章処理の多い部署の方々が大多数でした。

今回のセミナーの特徴として、自発的に参加をされているので
自己研鑽欲が高く、現状より高いレベルを要求されている方が
多いようでした。

セミナーの中ではワーキングメモリーが速読と記憶術に
どのように影響を及ぼすかについて説明する時間が多かったです。
決して簡単な話ではないにも関わらず参加者の多くが頷きながら耳を傾け、
その重要性に理解を示しておられていました。

日本人の平均的な読書速度は500文字~700文字/分です。
20年以上のデータがありますが、読書速度は年齢や時代に
殆ど左右されることはなく不変のものとなります。

今回のセミナー参加者の初期速度の平均は
それを少し上回る793文字/分でした。

一時間強の訓練で参加者全員の速度が上がり、一般平均の
2倍以上となる1,388文字/分まで上昇。
早い方は約5倍となる2,500文字/分を超えました。

すでに読書習慣のある方が多く参加されたのもあり、
訓練を非常にスムーズに進行することができました。
京セラ速読セミナー結果
※京セラ速読セミナー参加者の方の読書速度のビフォーアフター

※速読のセミナーは他社でも行っておりますが、
SP速読学院では理解度を下げずに初見文章の速度を
上げることを行っております。
他社との比較はこちらを御覧ください。

初見文章で対応できるような能力を身に着けないと
仕事や勉強に対しての応用力は身に着かず、
本当の意味で速読を習得するということには繋がりません。

5G時代に取り残されないような能力を求めている方は
是非一度受講してみてください。

SP速読学院では多くの人に速読の重要性を知って頂けるように
体験レッスンやセミナーを行っております。
個人で興味を持たれている方は無料体験レッスンオンライン体験レッスンに。

企業や団体の方は企業セミナーにてお申込み下さい。
講師が全国どちらにでも伺います。

その他、受講生の体験談などを知りたい方はこちらをクリックしてください。

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • 無料速読トレーニング
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • サイトマップ
  • ブログ情報|随時更新中!