速読、記憶術の情報

心内辞書の検索機能をアップする… 単語再認の自動化トレー二ング

それでは心内辞書を速く引くためのトレーニングを紹介しよう。単語再認の自動化トレーニングである。

本を読むとき、途中でつまずく原因には二つある。
第一に語棄の不足。心内辞書に蓄えられているデータが少なければ、本をスラスラ読むことはできない。とくに新聞やビジネス害など、専門用語が頻繁に出てくる本を読むときには、豊かな語章力が必要不可欠といえる。

第二にワーキング・メモリーの貧弱さである。心内辞書にたっぷり知識が蓄えられているにもかかわらず、単語検索に手間取るのがこのタイプだ。語章不足を解消するには、とにかく大量の情報を仕入れるほかにない。速読術を身につけて、これまで以上に読書に励めば、ある程度は解消されるだろう。

問題なのは、ワーキング・メモリーが貧弱な人である。心内辞書のデータが豊かなだけに、非常にもったいない。SP式では、この二つの弱点を克服することをトレーニングの目標に掲げた。少ない語棄力を補い、すばやい単語検索を可能にするのである。

次以降に挙げる単語を一秒ずつ眺めていってほしい。文字の一字一句を読まなくてもあなたの心内辞書にその単語のデータがあれば、文字を見ただけで心内辞書は反応する。(これは知っている単語だ)との印象を抱いたなら、心内辞書が単語を検索できたという証拠である。もし知らない単語が出てきても、気にせずトレーニングを続けよう。その日のトレーニングを終えたところで、あらためて意味を調べればいい。 最初は一秒に一単語ずつ、慣れてきたら少しずつ数を増やしていこう。

一秒間で十~十二単語を認識できるようになることを目指して、継続してトレーニングを行なってほしい。これを応用して、各種試験に挑戦する際には、たとえばテキストより索引を先に読み込むのも得策だ。心内辞書に専門用語のデータを蓄えたうえでテキストを読むと”理解”が速い。



速読情報 目次へ戻る


【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。
無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!