速読、記憶術の情報

反復法

くり返して覚えることは、もっとも強い記憶法の一つです。
覚えるべきだという強い信号が脳のシナプスを通過するとき、脳は記憶することが出来ます。たとえば、全体理解の読みだと、反復して読んでも信号が弱いので、長期記憶にすることは、ふつうの人にはなかなか困難です。
しかし、「精読」だと強い信号になります。
熟読だと、脳にネットワークを張り巡らした、さらに強い信号になります。シナプスを流れる電位が高まり、情報のやり取りがスムーズになることを「シナプスの可塑性」と呼びます。粘土のように変化してしまう性質を持っているからです。
また、一定の刺激量を超えた値を閾値と呼びます。
たとえば、英単語を1回で覚えられる人は閾値が1回です。3回くり返して覚えられる人は閾値が3回です。覚えた単語をどれぐらい保持できるかが実験されています。その結果は「エビングハウスの忘却曲線」として有名で、覚えてから、1日のあいだに急激な忘却が起こりますが、その後の忘却はゆるやかになります。ただし、この実験結果は、無意味な単語を覚えたときのケースなので、資格試験など意味のある単語を覚えるときは、忘却曲線がゆるやかになります。復習は1日後、1週間後、1か月後に行うのが効果的です。

速読情報 目次へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。
無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!