SP速読学院ロゴ

眼筋ストレッチ運動

眼筋ストレッチ運動:目の準備体操

gankyu02.gif(5654 byte)  眼筋ストレッチ運動は速読トレーニングの基本です。ストレッチで目の筋肉をほぐしておけば、ウォーミング・アップにもなります。運動不足の人がいきなり全力疾走すれば肉離れを起こしてしまうように、目の準備運動なしで速読トレーニングを行うのは危険です。
 無理をしないで様子を見ながら徐々に眼筋を慣らしていってください。短期間で過剰なトレーニングをしたところで効果は上がらず、目を傷めるだけです。少しずつでもいいから毎日続けることが肝要です。
 なおトレーニングの際は、コンタクトレンズを外してください。レンズがはずれたり、角膜を傷つける恐れがあります。
 

眼筋ストレッチ運動のやりかた

 ・無理をせず、様子を見ながら徐々に眼筋を慣らしていってください。
 ・コンタクトレンズを装着されている方は、外してから行いましょう。

gtr01.gif(5121 byte) [ 1 ]
両手で握りこぶしをつくり、目の高さに上げる。
180度を目安に両腕を左右に広げ、
目の横で親指を立てて、
少し動かしてみましょう。
gtr02.gif(5022 byte) [ 2 ]
顔を正面に向けたまま、横目で右の親指を見る。
最初は少し苦しいでしょうが、
このまま20秒間キープしてください。
gtr03.gif(5169 byte) [ 3 ]
顔を正面に向けたまま、今度は左の親指を見る。
視線を親指に固定した状態で、
20秒間キープしてください。
gtr04.gif(5299 byte) [ 4 ]
次に両腕をイラストのように上下にかまえ、
両手の親指がかろうじて視野に入る位置で
視線を固定します。
gtr05.gif(4617 byte) [ 5 ]
顔を正面に向けたまま、上方の親指を見る。
あごを引いた姿勢の上目づかいの要領で視線を固定。
自分のまゆ毛を吊り上げる感覚で見るとよいでしょう。
そのまま20秒間視線をキープします。
gtr06.gif(4458 byte) [ 6 ]
今度は顔を正面に向けたまま、
下方の親指に視線を移し、
自分のあごを見下ろす感覚で視線を固定。
そのまま20秒間キープします。
gtr0708.gif(4741 byte) [ 7 ]
イラストのように右の親指を
斜め右上方、左の親指を斜め左下方に広げ、
顔を正面に向けたまま右上の親指を見る。
そのまま20秒間視線をキープします。
gtr0708.gif(4741 byte) [ 8 ]
指の状態は同じままで、視線を左下の親指に移し、
顔を正面に向けたまま視線を固定。
そのまま20秒間キープします。
gtr0910.gif(5247 byte) [ 9 ]
今度は左の親指を斜め左上方、右の親指を斜め右下方に広げ、
顔を正面に向けたまま左上の親指に
視線を固定。
そのまま20秒間キープします。
gtr0910.gif(5247 byte) [ 10 ]
指の状態は同じままで、視線を右下の親指に移し、
顔を正面に向けたまま視線を固定。
そのまま20秒間キープします。
gtr11.gif(4322 byte) [ 11 ]
最後に両目を大きく
右回りに5回、左回りに5回。
ぐるりと旋回させます。
 視線を固定する時間を20秒に設定しましたが、慣れてきたら両腕を広げる角度を大きくし、視線を固定する時間を伸ばしていってください。最終的には1分間は視線をキープできるようになるでしょう。

目の機能を高め、より速く、より多く情報を脳に送る

gankyu1.gif(9838 byte)  速読法を実践するにあたり、速読に慣れるためのトレーニングが必要になります。これは文字を大量に処理していくための土台づくりであり、速読を可能にするための基礎となります。文字情報を脳に送るのは目ですから、まずは目を訓練することから始めましょう。
 衰えた筋肉では速く走れないのと同様で、目の筋肉が弱いままでは文字を高速で追うことはできません。速読の上級者はそのための鍛えられた目の筋肉を持っています。誰よりも速く読むためには目の筋カトレーニングは欠かせません。

 最初に準備運動として眼筋ストレッチを行い、眼筋を柔軟に動かせるようにします。それから一瞬にして多くの文字情報を目に入れるための視野拡大のトレーニング。さらにはすばやく文字を追ったり、行間移動がスムーズにできる視点移動トレーニングを行います。

トレーニング一覧へ
実際の本での速読をマスターするためには、教室でのレッスンが必須です。まずは無料体験をお試しください。
無料体験へ
  • このページの上部へ
  • トップページへ
  • サイトマップ
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.