SP速読学院ロゴ

NHK「あさイチ」取材の様子

NHK「あさイチ」速読vs遅読対決 に出演しました。

NHKの情報番組「あさイチ」スゴ技Qコーナーにて”速読vs遅読”の中で、速読の達人としてSP速読学院の渡辺インストラクターが出演 しました。

まずは読んだことのない225ページの新書を10分28秒で読破し、あらすじを紹介。次に”速読で本当に細かい内容まで把握できているのか?”の疑問を解くため、情報量の多いムック本 を1時間弱で10回速読し、記憶に残しました。その後の内容把握クイズでは見事に連続正答。流し読みではなくしっかり読めて記憶に残っている様子が放映されました。

無料体験へ

放送内容レポート

2011年11月29日(火)、NHK「あさイチ」速読vs遅読対決が放映された様子です。渡辺インストラクターが速読を実演し、内容に関するクイズに答えました。 (敬称略)

井ノ原 快彦さん 「さあ続いては、スゴ技Qです!」
ナレーター 「突然ですが、あなたに質問です。これから文字が出てきますが、なんて書いてあるかわかりますか?」
(文章が高速で表示される)
ナレーター 「わかりませんよね~。でもこれがわかるのが速読の世界なんです。速読のメリットは本を速く読めるだけではありません。こんないいことも……」
粟飯原さん 「スポーツをやってても、球を見ながら他の人が見える」
ナレーター 「あなたの暮らしを変える速読・遅読。今日は本をもっと楽しんで、お得ライフを送る極意を伝授します!」
ナレーター 「まず、速読でどれだけ速く読めるのかご覧いただきましょう」


速読インストラクター渡辺 「こんにちはー」
ナレーター 「速読の達人、渡辺真惟さん。速読教室のインストラクターをしています」
宮下 純一さん 「1日何冊くらい本を読むんですか?」
渡辺 「出勤前に2冊読んでいます」
スタジオ 「えー!?」
宮下 「出勤前に!?」
ナレーター 「では、どれほど速いのか? 一般人代表として宮下くんにも読んでもらいます」
宮下 「なんでこんな難しい本なんですか?」

「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国
コリン・ジョイス (著), 森田 浩之 (翻訳)
NHK出版
『帰ってきたイギリス人、祖国の謎に挑む。「階級社会はいまも続いているの?」「雨ばかりで憂鬱になるって本当?」「おすすめの料理は何?」こんなベーシックな話題から、社会の真相に迫る奥深いテーマまで、イギリス人なら誰もが共有している習慣や感覚を、異邦人の目であらためてじっくり観察し、ユーモアたっぷりに解説した至極のガイド。本物のイギリスが立ち上がってくる』

ナレーター 「2人に読んでいただくのはイギリスの文化について書かれた新書。もちろん2人とも読んだことがありません。全部で225ページあります。読み始める前に渡辺さん、何やら取り出しましたが……?」
宮下 「何ですか、これ?」
渡辺 「これは指サックでして……」
宮下 「はい」
渡辺 「ページをめくるときにこう、めくりやすいように付けています。速読なので」
宮下 「伝票じゃないんだから!」
渡辺 「そうですね(笑)」
ナレーター 「では、読んでいただきましょう。よ~い、スタート!」
(二人、本を読み始める)
ナレーター 「はい、ここでクイズです! 普通の人なら2,3時間かかるこの本を、渡辺さんは何分で読むでしょうか? 青:およそ10分、赤:30分、緑:60分。さあ、お考えください!」

有働 由美子さん 「というわけで毎週火曜日は……」
宮下 「スゴ技Q!」
井ノ原 「おっ、メガネもいいじゃないですか、2人とも」
有働 「もう読書といえばメガネみたいな、ステレオタイプなイメージでね」
宮下 「速読・遅読ということで。朝、新聞読んでてね、もうちょっと速く読めたらコーヒー飲む時間あるのになって思う方いますよね」
有働 「ある!」
宮下 「そんな方のために、2倍になる、2倍になる!」
井ノ原 「本当ですか? 本当になる? これ結構特殊な能力を持った人たちが出てくるんじゃないかなって、僕ちょっと半信半疑……」
宮下 「特殊能力のない僕も速くなりました」
井ノ原 「ホント?」
宮下 「2時間で、2倍になりました」
井ノ原 「2倍に!?」
宮下 「そのトレーニング方法だったり、読書にちょっと苦手意識を持っている方にも興味を持ってもらえるスゴ技満載でお伝えしたいと思います」


ナレーター 「さあそれでは回答を見ていきましょう」
宮下 「内藤さんは1人ですよね、今回」
内藤 「1人です! 頑張ります!」
宮下 「青、10分」
内藤 「10分でしょ! 理由ですか? (10分は)600秒でしょ? それで、1ページ3秒ですね。(全部で)200ページくらいだったでしょ? だいたい」
宮下 「2時間かかるんですよ!? 普通の人が読んだら」
有働 「さすが。その計算のもと!」
内藤 「3秒で1ページ。それで10分じゃないですか」
有働 「なるほど」
柳澤秀夫さん 「理詰めですね」
内藤 「理詰めですよ」
ナレーター 「さあ続いて、もえさんと柳澤さんチームですが、その前にわれらが柳澤解説委員ということでFAX頂いています。『やっぱり解説している柳澤さんはかっこいいですね』『ミニニュースコーナー、堅苦しくなくて役に立つかも』『いつも奥様に気を使ってしゃべるか、ダジャレ言ってるオジサマかと思っていたけれど、初めて本職の柳澤さんを見ました』」
井ノ原 「初めて見たんですか!?」
スタジオ一同 「ははは……」
内藤 「番組はじめて1年以上たってますよ」
ナレーター 「そうでございますね。さあ、きっと回答も解説委員らしい理由が……」
内藤 「ああなるほど」
宮下 「お願いします。もえさんとモメませんでした?」
柳澤 「カンです(笑)」
井ノ原 「ええ~!?」
有働 「ここまで盛り上げたのに」
柳澤 「だって、クイズの常識じゃないですか。驚くくらい速く読まなきゃクイズの答えにならない。しかもさっきの方って、去年、村上春樹さんのをものすごい速さで読んでたから(※渡辺インストラクターは2010年、あさイチ”1Q84発売日に速読実演”に生出演しています)ね? これしかないですよね」
山口 「そうですね」
有働 「そして同じ答え、いのっちチーム」
井ノ原 「はい。一緒にクイズに答えてくれるのは、あさイチサポーターの山本美佳さんです。山本さんは普段から本は読みますか?」
山本 「はい。月に2、3冊。多いときは4冊くらい読みます」
井ノ原 「速い方ですよね。でもやっぱり出勤前に2冊読むっていうのは……(1冊あたり)30分だったらやっぱり1時間かかるわけだから、支度も考えたら2時間半前くらいとかに起きなきゃいけないわけでしょ」
有働 「さすが、いいところに目をつけますね」
宮下 「はい、みなさん10分ということで」
有働 「柳澤解説委員の回答が一番テキトーでしたね(笑)」
宮下 「そうですね」
有働 「正解は!?」
宮下 「渡辺さんの速読、まさにスピード違反です!」


ナレーター 「速読の達人、渡辺さん。快調に読み進めています。読むペースは1ページ当たり3秒から4秒。速いですね~」
渡辺 「はい、終わりました」
宮下 「ええ? ちょっと待って待って待って……」
渡辺 「面白かった」
宮下 「(自分が読んだのは)こんだけ。20ページです。いま何分ですか?」
スタッフ 「10分28秒」

宮下 「いやいやいやいや……」
ナレーター 「正解は『青:およそ10分』でした。みなさん気持ちよーく正解!」
宮下 「じゃあどういう内容でした?」
渡辺 「最初に、『イギリス人ぶってなんかすみません』みたいな言い訳から始まっていまして……」
(あらすじを話すこと3分)
渡辺 「……ということで締められていました」
宮下 「そういう内容でした?」
(カメラマンが頷く)
宮下 「え~」
渡辺全部しっかり理解しながらですね、具体例とか、大事なところ、そうではないところもキチンと全部読みながらやってます
宮下 「はぁ~」


ナレーター 「本当に細かい内容まで把握できているのか。今度はスゴ技Qのムック本を読んでいただきます。これまで放送したスゴ技をまとめた、とーっても情報量の多い本なんですけど…… こうした本の場合は速読で何度も繰り返し読み、細かいところまで記憶させます」

NHKあさイチ 毎日がラクになる暮らしの「スゴ技」
宝島社
『NHK総合で毎朝月曜~金曜に放送している情報番組『あさイチ』から、暮らしに役立つ家事のスゴ技を初めて一冊にまとめました。番組内で好評だったテーマを中心にイラストや写真を多用し、毎日の生活を明るくするお得で賢い秘訣を詳しく解説していきます。「幸せの洗濯術」「大活躍! 魔法の粉 重曹」「驚きの電子レンジ200%活用術」「幸せのプチ模様替え」「撃退!いや~なにおい」など』

(渡辺、本を速読する)
渡辺 「はい、終わりました」
ナレーター 「1時間弱で10回読んだ渡辺さん。しっかり記憶できているのか、チェックです! 参考までに宮下くんにも答えてもらうけど、自分のコーナーですからわかりますよね!?」
設問1
ナレーター 「2人の答えが分かれました。宮下くんの答えは『風通しを良くする』、確かに書いてあります。宮下くん、正解! 一方、『電子レンジでチンする』と書いた渡辺さん、残念ながら不正解かと思いきや、ありました! 『3~4分レンジで加熱すると部屋干ししてもにおいがつかない』こんな細かいところまで読んでいるんですね」
ナレーター 「その後、渡辺さんは次々と正解! そしてついにそのときが訪れました!」
設問2
ナレーター 「再び、2人の答えが分かれました。宮下くんは、捕獲器を1ヶ所にまとめて設置するとの解答。ですが……」
スタッフ 「正解は、渡辺さん!」
ナレーター 「ほらー、捕獲器は数ヶ所に置くって書いてあるじゃない! 宮下くん、ガッカリだよ~!」
宮下 「商売あがったりですよ」
渡辺 「ハハハ、ごめんなさい……」
宮下 「勘弁してくださいよ! ワタナベQとかやめてくださいよ。ほんとにー」


井ノ原 「ワタナベ~」
スタジオ一同 「Q!」
宮下 「スゴ技Q! 僕のコーナーですから」
井ノ原 「渡辺さんに来てもらいましょうよ」
宮下 「渡辺さん、本当にすごかったんですよ。渡辺さんがどれだけすごいかっていうのをちょっと見てください。こちら! 読書スピードなんですが、日本人の平均というのが、1分当たり500文字から700文字。文庫本にするとだいたい1ページくらいなんですが、渡辺さんの場合、あらすじを理解するだけだと1分間当たり20,000字」
井ノ原 「へー」
宮下 「しっかり内容を理解して読んでも10,000字と、普通の人の20倍くらい」
井ノ原 「へ~」
読書速度(分速)渡辺インストラクター20.000文字
宮下 「渡辺さんは本を読む目的によって読むスピードも変えられる」
井ノ原 「ほ~」
宮下 「でもここまで速くなくても、2~3倍くらいにはなりたいですよね?」
内藤 「ですね!」

NHK 速読受講生インタビューの内容

無料体験へ


  • このページの上部へ
  • トップページへ
  • サイトマップ
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.