SP速読学院ロゴ

人生の時間の使い方、知識、考え方で大きな差が出る

SP速読学院 受講生の方の体験談を紹介致します。
第25回目は名古屋教室に通う谷本 尚志さんです。(2013年5月)

お名前
谷本 尚志さん
 お仕事で英文書類の作成が必須であり、また毎月の書籍代は数万円という読書家の谷本さん。
 読書と情報処理に役立てる速読をマスターするためご入会されました。
入会日と受講コース
2012年9月23日 総合コース(50分×50回) ご入会
 総合コースは1分間に17,000文字の速読習得が目標のソフト付きコースです。
トレーニング前の読書スピード
全体理解 820文字/分
現在の読書スピード
グラフ 全体理解
 27,000文字/分
精読
 7,080文字/分
速読を始められたきっかけは何ですか?
読みたい本が沢山あるが、読むスピードが遅くて読み切れなかったから。
速読を習得されて、受験や勉強に役立ちましたか?
勉強の役に立っています。
読書量は増えましたか? また生活やライフスタイルに変化はありましたか?
2~3倍くらいに増えました。平日の夜にちょっと時間があれば本を読むようになった。
トレーニングに対する感想をお聞かせください。
とても親切で丁寧でした。
今後、速読をどのように活用したいですか?
自分自身の勉強の為や、視野を広げるのに役立てたいです。
速読をこれから学ぶ方に向けて一言お願いします。
速読ができるのとできないのとでは、今後の人生の時間の使い方や知識・考え方の幅などに大きな差が出てくると思います。

専門書、論文を内容理解して速読

SP速読学院 受講生の方の体験談を紹介致します。
第16回目は東京教室に通う斉藤 寛之さんです。(2013年2月)

お名前
斉藤 寛之さん
プロフィール
 お仕事は自営業。専門書と英語の本を読む機会が多いそうです。読書の時間をできるだけ短くし、効率よく読み進めるために速読を開始されました。
入会日と受講コース
2012年12月17日ご入会
総合コース(50分×50回)
総合コースは1分間に10,000~17,000文字の速読習得が目標のコースです。
一般速読以外に英語速読の受講も予定されています。
トレーニング前の読書スピード
1,400 文字/分
現在の読書スピード(30回の時点)
グラフ 全体理解
 13,680 文字/分
精読
 7,380 文字/分

以前よりも二度読みが少なくなり、読書効率が向上したことを実感
 専門書(理系分野の本)や英語の本を読む機会が多いという斉藤さん。速読を始めたきっかけは、読書時間を少しでも縮めたいと考えたためだそうです。
 現在、月に平均6回ほどご受講され、順調に読書スピードを速められてきました。
 「新聞や、専門書や論文などが以前よりも速く読めるようになったと実感があります」と斉藤さん。以前は何度も二度読みをしてしまうことがあったそうですが、それも今は少なくなったそうです。専門書や論文は横書きが多いのですが、横書きの本でも問題なく、しかも内容理解も伴いながら速く読めるとのこと。「今後は専門書や英語などでもっと試していきたい」とさらなる速読への意気込みを語ってくださいました。

  • このページの上部へ
  • トップページへ
  • サイトマップ
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.