SP速読学院ロゴ

本をたくさん買うようになりました

SP速読学院 受講生の方の体験談を紹介致します。
第15回目は大阪教室に通うM.T さんです。(2012年6月)

お名前
M.T さん写真
プロフィール
 娘さんと親子で受講されました。大学でお仕事をされているため、普段から本はたくさん読んでおられます。いろいろなことに興味をお持ちで、最近ハマっていることはナイフ作り。金属を削りだしていくそうです。

入会日と受講コース
2012年1月29日ご入会
自由設定コース 30回×50分 (家族割)
トレーニング前の読書スピード
1,680 文字/分
現在の読書スピード
グラフ 全体理解
 51,250 文字/分
精読
 20,299 文字/分
速読を習うきっかけ
 テレビの探偵ナイトスクープなどで、いろいろな速読がでていたのをみて興味はありました。娘の中学入学に合わせて、本を少しスピード上げて読めるように、速読をトライしてみようと決心してきました。
速読を習得してから感じたこと
 スピードは間違いなく上がってきていると思います。それよりも読むときの集中力。読み方というのを考えて本を読むようになった気がします。そこのところが少し変わったのではないかと。
大学に勤めているため、仕事柄、英語の論文とか書くこともありますし、日本語の論文もやたらに読む商売なのですが、そのときに読んでは戻って読みなおすということを今まではよくやっていました。普段読んでいるとき、読み方が悪いため返り読みになってしまい時間がかかっていたということを、ここにきて欠けている部分だと思いました。すごく効率悪くやっていたのを、できるだけ一回で決めるような意識がついたような気がします。
速読を始めてから、読書量は増えましたか
 もとから本を読む量が多かったですが、たくさん読めるだろうという見込みが大きくなったので、本をたくさん買うようになりました。
(一緒に速読を受講されていた)娘は、漫画にハマって。たくさん買ってしまい家内に叱られていました(笑)。それぐらい読める程スピードが速くなったということなのですけどね。
トレーニングについて
 速読・記憶、両方ともおもしろかったです。速読もおもしろかったし、記憶術の方もすごくおもしろかったので、大変勉強になりました。私は子どものときから本が大好きで読んでいたのですけれども、読み方もいろいろなやり方があって、自分の読み方をアドバイスしていただいているときに、客観的になるほどと思いました。それから記憶術も、論文書いたりする時に上手く纏まらないことがあったときは、ああいう展開をしてやるやり方が論理的な積み上げをするのに大変いいなと思いました。
速読をこれから学ぶ方に向けて一言どうぞ
 ぜひ機会があったらお試しだけでもやられては。興味持ったら続けていただいて、それだけでも。来る値打ちはあったなと私は思いますので。

  • このページの上部へ
  • トップページへ
  • サイトマップ
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.