速読、記憶術の情報

あなたの脳は右利き?左利き?

利き手や利き足のように、脳にもクセがあるもの。簡単なテストで、実はそれがわかる。
ここで、あなたの利き脳が左脳・右脳のどちらなのかチェックしてみよう。

利き脳チエック・テスト
A 両指を自然な形で組んでみよう。親指が上にくるのは、右指? 左指? 
B 両腕を自然な形で組んでみよう。上にくるのは右腕? 左腕? 

記憶との関連で考えた場合、Aは情報の記銘(インプット)、Bは情報の想起(アウトプット)の際にみられる各人の傾向で、次のような特性があるという。

Aのテストで右の親指が上に来た人は、物事を論理的に考える左脳優位のタイプだ。左指が上に来た人は、右脳優位型。物事を直観でとらえるタイプである。
Bのテストで右腕を上に組んだ人は、左脳優位型。自分の考えを論理的に表現するタイプだ。自分の意見を上司に述べるときに、グラフや数字を使うのを得意とする。左腕を上に組んだ人は、右脳優位型。自分の考えを直観的、情緒的に表現する芸術家タイプが多い。

あなたの利き脳はどちらだっただろうか。この特性が、記憶力にどう影響してくるのかは後で説明するとして、今度は二つの記憶力チェック・テストにチャレンジしてほしい。

速読情報 目次へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。
無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!