速読、記憶術の情報

脳の大部分は眠っている

ゴールデン・ウィークやお盆など長期休暇を取った後、久しぶりに出社した直後の状態を思い起こしてほしい。休暇前と同じ調子で、すぐに仕事を始められるだろうか。
おそらく、たいていの人が首を横に振ると思う。身体がだるいうえに、頭はシャキッとしない。普段ならしないような平凡なミスを犯したりするのも、この時期である。ほんの一週間程度休んだだけでも、以前のリズムを取り戻すのに苦労する。こう考えてみると、脳がかなりの怠け者であると気づく。

脳の大部分は眠っている、という話を聞いたことはないだろうか? 世紀の天才と称されるほどの人物でも、脳の使用度という観点から見れば、凡人とさほど変わりはない。一生を通じて、脳はほとんど眠ったままなのだ。それどころか、ちょっと油断すれば、脳の働きはすぐに鈍ってしまう。しかし、見方を変えて考えてみたい。たしかに脳は怠け者だが、その一方、順応性に長けている。
脳は常に状況に応じた働きをしているのだ。あなたが休暇を取ってリラックスすれば、脳も同様に休眠に入る。それとは反対に、あなたが全力を出しているときには、脳もそれに応じて、処理スピードを上げる。

たとえば、家で勉強していたときにはどうしてもわからなかった問題が、本番の試験で解けたというケース。あるいは、練習中にはまるでうまくいかなかったシュートが、試合中には椅麗に決まった、など。気持ちを集中して物事に取り組んでいるときには、自分でも思いもよらない好成績を上げるときがある。
このように環境次第では、脳の処理スピードをこれまでの数倍、十数倍、あるいは数十倍に引き上げることも可能である。

速読情報 目次へ戻る


【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。
無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!