速読、記憶術の情報

速く、正確に記憶するスピード暗記術

ここで速読力と記憶力の関係について述べておこう。

「発想力」を鍛えるには、脳内の有用データを増やすことが何より肝要なことがわかった。脳内データが貧弱なままでは、斬新なアイディアは生まれようもない。脳内データを増やすためには、情報収集が不可欠である。そこで求められるのが速読のテクニック。忙しい生活の中で読書時間を捻出するには、速読術を習得するのが最善の道なのだ。

しかし、果たして速読術をマスターすれば、それで事足りるのだろうか? 
残念ながら、速読術は「魔法の杖」ではない。速読術を身につけた途端、生まれ変わったように有能な人物に変身できるわけではないのだ。

たしかに速読術は短時間での読書を可能にする。だが、本に書かれている内容がきちんと頭に入るかどうかは別問題である。読書スピードの向上と、内容理解の密度は比例しない。速く読める=内容をしっかり理解できる、という図式は成り立たないのだ。

いくら本を読んだところで、内容が頭に入らないのでは意味がない。そこでSP式では記憶に残る速読術をマスターすべきだと提唱する。書かれた内容を正確に記憶するよう意識しつつ、本を読む。つまり、速読術を使って暗記する=スピード暗記術を習得するのである。

自己啓発のためには「速読力」と「記憶力」の両方の能力を鍛えたほうがいい。相乗効果であなたの能力は飛躍的に向上する。本書では、それぞれの能力を伸ばすためのトレーニングを紹介していくので、ぜひ、チャレンジしていただきたい。

速読情報 目次へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。
無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!