SP速読学院ロゴ

速読のススメ

速読のススメ

さて、あなたは一日にどれだけの時間を、読書のために費やすことができますか?
勉強や仕事に忙しい毎日では、一日にせいぜい一時間を捻出するのが、やっとではないでしょうか。
仮に一日一時間を読書にあてたとして、240ページの文庫本を読破するのに、いったい何日かかるでしょう。
平均的な日本人が、文庫本を一ページ読むのに一分を要するのは、前述のとおりです。一日の読書時間を一時間とすると、一日60ページ。240ページの文庫本を読み終えるには、4日もかかることになります。
頭のよい人の特徴は「記憶力」と「回転の速さ」にあると、この章を通じてお話ししてきました。脳内データ・ベースを強化することがどれだけ重要であるかについても、おわかりになったと思います。
そのためのポイントは心内辞書を豊かにすること。そして辞書を豊かにするには、とにかく新しい情報を大量にすみやかに吸収することが肝要です。
ところが現実には、本を一冊読み通すだけでも、なかなか時聞が取れず容易にはできません。
人に与えられた時間は平等です。どんな人でも一日には24時間しかありません。
読書はしたいが、どうしても時間が作れない、というジレンマに陥っている人も多いでしょう。
読書時間を延ばせないのであれば、次の方策としては読むスピードを上げるしかありません。たとえこま切れの時間でも、読書スピードが速ければ、かなりの量の情報を仕入れることができます。わずかな時間をいかに有効に使い、脳内に情報を蓄えるかが、スピード時代を生き抜くカギとなるでしょう。
次から、いよいよSP式速読術の具体的な独習法のノウハウについて述べていきたいと思います。


大阪教室へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。

無料体験へ

  • このページの上部へ
  • トップページへ
  • サイトマップ
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.