第十一回 「超人的 キム式速読法」

第十一回 「超人的 キム式速読法」


 キム式の写真記憶のお話をうかがっていました。写真記憶ができない生徒さんが多く出た、ということでしたが、その後はどうなったのでしょうか。

橘先生「そこで、マスターできなかった人たちがどうなったかというと、自分のやり方で速読教室を作っていく。
 その辺が、日本の速読教室の歴史なんですけども、それは全部、ベースが韓国のキム式で、そこから、分化してきています」

永田「ということは、やっぱり写真記憶がベースになっているんですよね?」

橘先生「そうですね、写真記憶がベースになっている、あるいは加古さんが速読をマスターするときに、一緒に宗教的な訓練をしているわけですが」

永田「速読に、宗教を組みこむんですか?」

橘先生「丹田呼吸法とか、禅宗の訓練ですね。そのときに加古さんが、ある程度、自分の形にしたので、速読には一点凝視法とか、丹田呼吸法とかがつきものになってしまったわけです」

永田「アメリカで授業の一つとして、教えておられる速読法に禅宗は取り入れられているのですか?」

橘先生「全世界で、必ずしも丹田呼吸法などをやっているわけではありません。非常に宗教的なものですね。
 日本では、そういうものが当たり前みたいな感じになっていてね。一点凝視法、丹田呼吸法、写真記憶がベースになっている所が多いですね」

永田「その成功率というのは、高いのでしょうか?」

橘先生「そういうような歴史があって、実際にやってみると、キム式ベースの速読をマスターできる人っていうのは、何千人に一人に近いぐらいの割合です。うちでもたくさんの人がトレーニングしましたけども、写真記憶のレベルまでいく人は、なかなかいないですね。
 テレビでは、そういうものを、マスターした人たちが、本をぱらぱらとめくって、『内容を覚えてます』と放映したりしていますね。そういう形でやる速読というのが、実はメインになってしまっています」

 確かに、超人的スピードで読む方がテレビに出ているのを、たまに見ます。
 印象的ですね。まさに『超人的だな』というのが、私の感想です。
 次号は再び、目や耳から入った情報が脳にどう入っていくかをお聞きしました。

東京、大阪、名古屋、京都の各教室では無料体験も開催しております。
SP式速読を体験してみませんか?

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!