速読理論 眼筋ストレッチ運動:目の準備体操

眼筋ストレッチ運動:目の準備体操

 眼筋ストレッチ運動は速読トレーニングの基本です。ストレッチで目の筋肉をほぐしておけば、ウォーミング・アップにもなります。運動不足の人がいきなり全力疾走すれば肉離れを起こしてしまうように、目の準備運動なしで速読トレーニングを行うのは危険です。
 無理をしないで様子を見ながら徐々に眼筋を慣らしていってください。短期間で過剰なトレーニングをしたところで効果は上がりません。目を傷めるだけです。少しずつでもいいから毎日続けることが肝要です。
 なおトレーニングの際は、コンタクト・レンズは必ず取ってください。レンズがはずれたり、角膜を傷つける恐れがあります。


gtr01.gif(5121 byte) [ 1 ]
両手で握りこぶしをつくり、目の高さに上げる。
180度を目安に両腕を左右に広げ、
目の横で親指を立てて、
少し動かしてみましょう。
gtr02.gif(5022 byte) [ 2 ]
顔を正面に向けたまま、横目で右の親指を見る。
最初は少し苦しいでしょうが、
このまま20秒間キープしてください。
gtr03.gif(5169 byte) [ 3 ]
顔を正面に向けたまま、今度は左の親指を見る。
視線を親指に固定した状態で、
20秒間キープしてください。
gtr04.gif(5299 byte) [ 4 ]
次に両腕をイラストのように上下にかまえ、
両手の親指がかろうじて視野に入る位置で
視線を固定します。
gtr05.gif(4617 byte) [ 5 ]
顔を正面に向けたまま、上方の親指を見る。
あごを引いた姿勢の上目づかいの要領で視線を固定。
自分のまゆ毛を吊り上げる感覚で見るとよいでしょう。
そのまま20秒間視線をキープします。
gtr06.gif(4458 byte) [ 6 ]
今度は顔を正面に向けたまま、
下方の親指に視線を移し、
自分のあごを見下ろす感覚で視線を固定。
そのまま20秒間キープします。
gtr0708.gif(4741 byte) [ 7 ]
イラストのように右の親指を
斜め右上方、左の親指を斜め左下方に広げ、
顔を正面に向けたまま右上の親指を見る。
そのまま20秒間視線をキープします。
gtr0708.gif(4741 byte) [ 8 ]
指の状態は同じままで、視線を左下の親指に移し、
顔を正面に向けたまま視線を固定。
そのまま20秒間キープします。
gtr0910.gif(5247 byte) [ 9 ]
今度は左の親指を斜め左上方、右の親指を斜め右下方に広げ、
顔を正面に向けたまま左上の親指に
視線を固定。
そのまま20秒間キープします。
gtr0910.gif(5247 byte) [ 10 ]
指の状態は同じままで、視線を右下の親指に移し、
顔を正面に向けたまま視線を固定。
そのまま20秒間キープします。
gtr11.gif(4322 byte) [ 11 ]
最後に両目を大きく
右回りに5回、左回りに5回。
ぐるりと旋回させます。
 視線を固定する時間を20秒に設定しましたが、慣れてきたら両腕を広げる角度を大きくし、視線を固定する時間を伸ばしていってください。最終的には1分間は視線をキープできるようになるでしょう。

速読情報 目次へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。

無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!