速読理論 目の機能を高め、より速く、より多く情報を脳に送る

目の機能を高め、より速く、より多く情報を脳に送る

 速読法を実践するにあたり、速読に慣れるためのトレーニングが必要になります。これは文字を大量に処理していくための土台づくりであり、速読を可能にするための基礎となります。文字情報を脳に送るのは目ですから、まずは目を訓練することから始めましょう。
 衰えた筋肉では速く走れないのと同様で、目の筋肉が弱いままでは文字を高速で追うことはできません。速読の上級者はそのための鍛えられた目の筋肉を持っています。誰よりも速く読むためには目の筋力トレーニングは欠かせません。
 最初に準備運動として眼筋ストレッチを行い、眼筋を柔軟に動かせるようにします。それから一瞬にして多くの文字情報を目に入れるための視野拡大のトレーニング。さらにはすばやく文字を追ったり、行間移動がスムーズにできる視点移動トレーニングを行います。

速読情報 目次へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。

無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!