速読理論 人間の記憶のシステム

人間の記憶のシステム

人間の記憶のシステム

 人間の記憶は、《短期記憶》と《長期記憶》という二つのシステムからできています。
 これを《二重貯蔵モデル》と呼びます。
 図に示されているように、短期記憶と長期記憶は互いに矢印で結ばれています。
 短期記憶から長期記憶でまたは長期記憶から短期記憶へと、両者の間ではデータがやりとりされています。
 感覚記憶というのは、目や耳といった五感でとらえた情報です。ほんの一瞬で消えてしまう記憶です。
 対象に特に興味を持たなかった場合、感覚記憶のデータは、すみやかに消去されます。脳が「これは必要だ」と判断したものだけ、情報は感覚記憶から短期記憶へ転送されるのです。さらに短期記憶への刺激をくり返すことで、情報は短期記憶から長期記憶へ転送されます。
 あっさりしているようですが、人間の脳にも容量があるので仕方ありません。見たもの聞いたものをすべて記憶しようとすれば、脳はわずか数分でパンクします。
 また、図でもわかるように、情報のやりとりは一方通行ではありません。長期記憶からデータの一部を選び出し、短期記憶へ転送する場合もあります。
 これらの働きを行うのが、大脳の前頭前野にある《ワーキング・メモリ》です。

速読情報 目次へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。

無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!