螺旋読み

螺旋読み

 8の字読みをバージョンアップしたのが螺旋読みです。

螺旋読みトレーニングのやりかた

①  文章の上で螺旋をイメージします。行頭の文字を頂点に、下方に向かって視線を滑らかに動かし、二行を囲むように視線で縦長の楕円を描きます。

②  視線が頂点にもどってきたら、次の二行に進みます。

③  行頭の文字に視線を合わせ、①のように下方に向かって視線で縦長の楕円を描きます。

④  同じ要領で、二行ずつ縦長の楕円を描きながら視線をすべらせていきます。

 目を動かす方向は、右回りでも左回りでもかまいません。トレーニング初期は二行ずつの細かい螺旋からスタートし、徐々に太い螺旋に移行していくとよいでしょう。
 一行の三分の二以上を一目で読みとるだけの広い視野がなければ螺旋読みは難しいでしょう。視野の向上が追いつかないという人は8の字読みを用いましょう。 視野が十分に広かってきたら、螺旋読みに挑戦すればいいのです。上達すれば、分速三万文字の読みが可能となります。

 

速読・記憶術の無料体験レッスンへ戻る


【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。

トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。

無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!