視点移動(眼筋)トレーニング

視点移動(眼筋)トレーニング…潜在能力を活性化させる

 人間の脳の力はわずか二~三パーセントしか使われていません。目の中心窩を通過する情報量をふやすことによって、脳が本来もつ潜在的能力を活性化させましょう。
 そこで、視点移動トレーニングに入ります。このトレーニングの目的は、目をすばやく動かせるようになること、そして行間移動をスムーズに行えるようになることです。
 読書スピードが遅いと悩んでいる人のなかには、行間移動をスムーズに行えない人もいます。次の行へ移る際、誤って一行飛ばしてしまったり、同じ行を読んでしまうケースです。 読書経験に乏しい子供のうちはとくにこの傾向が見られます。

 視点移動トレーニングは速読用の目を作るために、リーデイングスパン向上トレーニングと同様、欠かせない訓練です。 日本語の場合、文章は上から下、横書きの場合は左から右の一定方向に舎かれています。本を読むときの目の動きは、上下、左右、のいずれかの反復運動です。 視点移動トレーニングの第一段階として、視線を上下左右に滑らかに動かすための〈眼筋トレーニング〉を行いましょう。

 

速読・記憶術の無料体験レッスンへ戻る


【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。

トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。

無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!