記憶術情報 5. 場所法

5. 場所法

●置き物結合法
<解説>
場所法では一般的にかけ釘法よりも多い情報を覚えていきます。
これは古代ローマ時代からローマ人が実際に行っていた記憶術で別名ローマン・ルーム法とも呼ばれています。
ここではモデルルームをイメージして覚えたい内容と結合させます。

●買い物結合法
<説明>
100以上の内容をデパートの専門店やそこにある商品とくっつけて覚えていきます。ここでは例題として世界の王朝をあげました。このように数が多いものを覚えるのに買い物結合法は適しています。
国名については国イメージ表を参照してください。

●県イメージ

日本国内の地理的な内容を覚える時に県イメージを活用してください。例えば、統計暗記の時に県イメージを活用します。

●国イメージ

世界地理の内容を覚える時に国イメージを活用してください。例えば、統計暗記の時に国イメージを活用します。


速読情報 目次へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。

無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!