記憶術情報 スピード暗記法:キーワード化

スピード暗記法:キーワード化

文章を丸ごと覚える記憶作業は、詩や俳句を覚えること以外には、あまり必要がありません。詩や俳句では、1つ1つの短いフレーズに、選び抜かれ凝縮された単語が使用されています。字数などの範囲が制限されているからです。しかし、通常の文章では、いくつかの単語を並びかえて同じ意味の文章をいくつも作ることができます。
そのように、文章は柔軟性があるので変形しやすく、型に填めて覚えることには適していません。
私たちの長期記憶の構造はキーワード化して、単語のネットワーク(スキーマ)、あるいはイメージとして単語で保存されていることが多い、という特徴があります。大事なことを覚える時は、キーワードにマーキングして覚えましょう。復習する時に、マーキング箇所だけチェックしていっても、かなり思い出せるものです。

スピード暗記法:連想

連想を使うことにより、アウトプットが楽になります。思い出すには手がかりが必要だからです。
記憶の棚のどの部分に入っているかが分かったら、その言葉から芋蔓式で思い出すことが可能になります。
ここでは、チャンキングの考え方が重要です。グループを語呂合わせなどで1つに束ねると、一度に思い出すことができます。
グループ化して覚えると、別々に1つずつ覚える場合よりも少ない記憶容量で思い出すことが容易になります。


スピード記憶術講座へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。

本物の知識が身につく速読術 無料体験


  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!