SP速読学院ロゴ

速読の知識 右脳の働きの特異性

右脳の働きの特異性

例えば右脳の働きの1つとして、顔の認識(人相の識別)があります。
私たちはテレビを見ているとき、画面に出てくる俳優やタレントの顔をどんどん覚えていきます。役柄が変わり、髪形・服装・メーキャップが変わっても、よほど巧みな変装でもしない限り、どの役者やタレントが演じているのか分かります。
私も、生活指導部長として約500人の高校生の指導をしていた当時は、自校の生徒の顔を全部、覚えておりました。名前だけを覚えるのは難しい作業ですが、顔はイメージ(映像)と組み合わせて記憶できるからです。
皆さんも時に、その人の顔は確かに覚えているのに、名前がどうしても思い出せず、ひどく弱った、という経験をしたことがありませんか? これもまた、いったんイメージで記憶したことは忘れにくい右脳の特徴の1つなのです。
名前は左脳で覚え、人相は右脳で覚えます。
仮に脳出血などで右脳に傷害を受けるようなことがあると、その途端に人は、日頃から見知った家族の顔でさえ、識別できなくなる状態に陥ります。家族の名前は記憶しているのに、その当人が目の前に現れても、分からないのです。
また、街を歩いている時に、横顔や後姿で直感的に友人、知人だと分かり、声を掛けた経験がありませんか? この場合、後姿から正面の姿がイメージできるわけです。(時として他人の空似に出会って「これは失礼」となる事例もないではありませんが)
こういった類推は、コンピューターでは判断できません(少なくとも現時点のコンピューターでは)。

受験・資格試験スピード記憶術講座へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。

無料体験へ

  • このページの上部へ
  • トップページへ
  • サイトマップ
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.