速読、記憶術の情報

連想結合法

この方法は、リンクメソッドとも呼ばれ、いっけん関係のない言葉と言葉をイメージで結びつけます。
頭の中の「心内辞書」にはたくさんの言葉が記憶されており、知識が増えるとともに、「心内辞書」の言葉は、だんだんジャンルごとに整理されていきます。歴史用語、法律用語、 医学用語、英語……といろいろなジャンルに分かれます。歴史用語を例にとってみましょう。
日本史、中国史、西洋史といろいろな国(地域)に分かれます。同じ国の歴史用語の場合、想起する時間は早くなります。また、同時代の用語のほうが、時代が大きく離れている用語よりも思い出すのが早くなります。
まったく関係のない言葉は、心内辞書の場所もかけはれているわけです。そのような言葉をイメージで結びつける練習をすると、柔軟な思考ができるようになり、発送の範囲は広がり、アイデアがひらめく頭脳をつくることができます。アイデアはけっして【無】から生じません。アイデアはいままでの要素の新しい組み合わせだからです。まったく関係のない言葉と言葉を結びつける訓練によって、アイデアがひらめきやすくなるのです。
ここではイメージ同士を連鎖的に結びつけ、芋づる式に思い出します。うまくイメージできると、覚えられる単語がどんどん増えていきます。連想できるスピードが向上してくると、本を読むときにイメージとして記憶が残りやすくなります。
まず「Tシャツ」と「文字」を画像的にイメージしながらリンクして覚え、ついに「文字」と「気持ち」をリンクして覚える、という具合ですすめ、最後に5つの単語をすべて思い出すのです。
速読情報 目次へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。
無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!