速読、記憶術の情報

イメージトレーニング

文章を速読しながら、内容をしっかり記憶するということは、いっけん困難なことに思えます。本書では、この難問をクリアするためのさまざまな手法を解説します。
最初に、言葉とイメージでは、どちらが記憶しやすいか考えてみましょう。
あなたが映画やドラマを観たあとに、台詞と映画のシーンと比べてみたとき、どちらのほうが頭に残っているでしょうか。
ほとんどの人が、映画(ドラマ)のシーンと答えます。台詞や字幕は言語脳の左脳で記憶しています。映像や映画のシーンはイメージ脳の右脳で記憶しています。
一般的に右脳でイメージしたほうが記憶が長くつづきます。
では、イメージ力はどのようにすれば高めることができるでしょうか。
ゲームでイメージ力をアップさせる方法としては、詰め将棋や詰め碁があります。1手先、3手先、5手先と先の手を読んでいくことは、イメージ力や論理的思考力を鍛えることになります。子どものときから将棋や囲碁に親しむことは、右脳を鍛えるのにとてもいいのです。

速読情報 目次へ戻る

【SP式速読法】の無料体験を各教室で開催しています。
トレーニングソフトやギフトチケットなど、特典いっぱいの無料体験はこちらです。
無料体験へ

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!