特色2 高度なトレーニング内容

高度なトレーニング内容

1一万文字突破

分速200~50万文字の量や速度を自由に調節できるソフトを使用し、分速一万文字以上のマスターが可能です。

2専門書レベル

法律、会計、医学などの教材で速読訓練。精読や熟読の読書速度が上がり、長文の解答時間を短縮できます。

3英語速読

TOEIC®、TOEFL®、英検、大学受験に対応しています。分速300~2000単語の本格的英語速読マスターを目指します。

4記憶術

受験や資格試験、ビジネスに役立つスキルを学びます。記憶力が良くなり、本の内容を書き出せます。

勉強や仕事に役立つSP式速読法

従来の速読術の多くが、理解よりもスピードアップを重視した結果、読書速度は向上しても、その読みは全体理解(大雑把に全体を理解すること)が中心で、文脈をつかんで読んだり、文章をイメージ化して読んだりしていました。しかし、全体理解の処理で現代文や資格試験などの細かな内容についての質問をされたら、答えられないことが多くあります。

勉強やビジネスに役立つ読み方は、精読(正確に理解する読み)の読み方になります。正確にしっかりと理解し、記憶に残る読み方でスピードアップしなければ試験や仕事の現場では役立ちません。

専門書や試験問題でも速読できます。精読や熟読(問題の解答を考えながら読む、行間を味わって読むなど)の読み方が向上します。SP式速読法は司法試験予備校の辰巳法律研究所と提携し、司法試験の内容で精読の速度を速めることに成功した、精読の速読法です。

全体理解・精読・熟読とは?

全体理解とはあらすじやあらましがとれる程度の大雑把な理解です。
精読は正確に細部まで理解して読みます。
熟読は試験問題の解答を考える、行間を味わうなどの思考の働いている読み方です。

小説などの趣味的な読みは全体理解でOKです。しかし、テキストや仕事の書類は精読の読みが必要です。受験の時には熟読の読み方が問われます。
すぐれた速読記憶術トレーニング教材 速読1分間1万文字・専門書や英文もパワフルに速読でき、記憶にも残るSP式速読記憶術の高度なトレーニング内容
一人一人を大切にサポート 実績・推薦文

本物の知識が身につく速読術 無料体験
  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!