トップページへ戻る

視点移動トレーニング

HTML5 Canvasに対応していません。
 

速読時の目線の動き


文節 → 段落 → 複数段落 と文字のかたまりで読めるレベルを高めていきます。

①スライド読み

②逆順読み

③8の字読み

④螺旋読み

⑤2行スライド読み

⑥斜め8の字読み


⑦丸V字読み

⑧V字読み

⑨3行スライド読み

⑩波読み

⑪波形平行読み

⑫平行読み


視点移動トレーニングとは


人間の脳の力はわずか2~3パーセントしか使われていません。目の中心窩を通過する情報量をふやすことによって、脳が本来もつ潜在的能力を活性化させましょう。
そこで、視点移動トレーニングに入ります。このトレーニングの目的は、目をすばやく動かせるようになること、そして行間移動をスムーズに行えるようになることです。
読書スピードが遅いと悩んでいる人のなかには、行間移動をスムーズに行えない人もいます。次の行へ移る際、誤って一行飛ばしてしまったり、同じ行を読んでしまうケースです。読書経験に乏しい子供のうちは、とくにこの傾向が見られます。
視点移動トレーニングは速読用の目を作るために、リーディングスパン向上トレーニングと同様、欠かせない訓練です。日本語の場合、文章は上から下、横書きの場合は左から右の一定方向に書かれています。本を読むときの目の動きは、上下、左右、のいずれかの反復運動です。視点移動トレーニングの第一段階として、視線を上下左右に滑らかに動かすための【 眼筋トレーニング 】を行いましょう。
すばやくスムーズな目の動きを定着させるために、専用のトレーニングシートを用意しました。野球やテニスの素振りと同じで、トレーニングを繰り返すことで、しだいに視線の動きが滑らかになっていきます。
なお、トレーニングはコンタクト・レンズをはずした状態で行ってください。


トレーニング一覧へ
実際の本での速読をマスターするためには、教室でのレッスンが必須です。まずは無料体験をお試しください。
無料体験へ)
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2013 SP速読学院 All Rights Reserved.