トップページへ戻る

平行読みトレーニング

HTML5 Canvasに対応していません。
 

平行読みトレーニングとは


平行読みとは、視線をまったくスライドさせずに、視線をすべらせていく方法です。横書きの文章なら上から下、縦書きの文章なら右から左へ視線を平行移動するだけです。難易度の高い方法で、かなりの視野の広さを必要とします。実際に訓練してみましょう。

 [ 1 ] 文章の各行の中心に視点をすえ、
 [ 2 ] 目を大きく開き、そのまま上から下へ、平行に視線を動かしていきます。

 平行読みの場合、目の動かしかたに特別な訓練はいりません。それより、確実に1行をとらえられるだけの視野と読解力を向上させる努力が必要でしょう。
 これまで紹介した方法の中で、読書スピードがいちばん速いのは平行読みです。しかしわずかでも視線を上下、あるいは左右に振って読み進めていくほうが、文章の内容は頭に入りやすいでしょう。いろいろな読みかたをためしてみて、自分に合った方法をとり入れましょう。

 ここでは、トレーニング用の文章を使い、平行読みを実践してみましょう。15~20文字程度の平行読みができるようになれば、新聞や雑誌の大半を、平行読みすることができるようになるでしょう。



トレーニング一覧へ
実際の本での速読をマスターするためには、教室でのレッスンが必須です。まずは無料体験をお試しください。
無料体験へ)
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2013 SP速読学院 All Rights Reserved.