『「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!』

山口インストラクター書評『「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!』

「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!(同文館出版) 「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!(同文館出版)

高田 靖久 (著)
200ページ

売り方さえ変えれば、あなたの会社は儲かりはじめる。正しい売り方をすれば、あなたの店には行列ができる。「売れる仕組み構築プログラム」の4つのステップのうち、第1ステップの新規客をザクザク集める方法、第2ステップのお客を固定客化する方法を豊富な事例とデータに基づいてわかりやすく解説。

【読書の所要時間】 25分(精読で1回)

この本を読んでみたいと思ったきっかけは、非常に多くの経営者の方が同じような悩みを持っていて、その問題をどのようにして克服することが出来るか知りたかったからです。
 その問題というのが「お客様」がお店に1回しかきてくれない。つまりリピーターになってくれないという事です。もちろんお店に初めて来られるというのは経営者側からすると物凄いエネルギーを使います。広告をだしてみたり、ブログやソーシャルネットワークを有効に活用したり、ちらしやクーポン券を配布したりといろんな方法があります。

 せっかく来て下さったお客様が1回だけしか来店してもらえなかったらちょっと残念ですね。できれば2回、3回とお店足を運んで頂いて常連さんになって頂けたら素晴らしいと思います。単純に料金を割引すればいいのでしょうか? 料金をお安くすることによって瞬間的にお客様は増えますが、リピーターになってくれるとは限りません。それよりもお店にある商品の価値やサービスを上げていくことが大切になってきます。できればちょっとしたサプライズや他のお店にはないアイデアを使うことが出来たら1回きりのお客様が固定のお客様になってもらえる確率が上がります。

 この本の中に「3の法則」という事について述べられています。わたしもこの本を読んで「3の法則」を実践できれば素晴らしいと感じました。一度でもお店に来て頂いたお客様に対して本当の意味でよいサプライズと感動を与えることが出来たらいいなと思います。
 「3の法則」は簡単にご説明すると3日、3週間、3か月にお客様にお店の方からご連絡をするという事です。サンキューメールとライクメールとラブメールに分けてそれぞれの期日にご連絡します。

 わたしはこの本を読むことによって新たな発見もたくさんありました。小さな簡単なことでお客様の心を掴むことができるのだととても勉強になりました。文章も内容もとっても読みやすいので本をあんまり読まない方でも非常に読みやすい本だと思います。会社を経営している方をはじめ、集客することに一生懸命になっている方たちには是非読んで頂きたい1冊だと思います。わたしもこの本に書いてある内容を普段の生活の中でも活かしていきたいと考えています。

(山口インストラクター 2013年8月)


無料体験へ
  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!