SP式記憶術~記憶力を向上するために

勉強に役立つスピード暗記法(人文科学、社会科学、自然科学)

(1) 試験問題の傾向と対策を練る。
    難易度、分量、解答時間、頻出問題を調べる。
(2) 同一単元の教科書や参考書を全体理解で速読する。
(3) ブレインマップで教科書かテキストをまとめる。
(4) 同一単元の一問一答問題集で知識のインプット(3~5回反復)
    覚えようとしないで、理解するように読む。
(5) 過去問、模試問題集で同一単元に相当する問題を読んで、丸暗記。(精読)
    同じパターンの問題を少なくとも3題は覚える。
(6) ブレインマップで問題パターンを整理する。
(7) 解答がひらめくようになると、自分で考えて答えを出す。(精読)
(8) 違う単元で、同様な作業を繰り返す。

 日本の受験体制では、生徒の思考力や想像力が問われるような試験は、芸術科目以外では行われていません。ただ、一定量の知識があるかどうかが問われます。
 つまり丸暗記をする能力を持っていて、そのことに勤勉に取り組んだかどうかが問われるだけで、何がやりたいか、何になりたいのかは問われません。
 人格やトータルな能力が問われるわけでもありません。あくまでも入口にすぎないのです。
  本当の勉強は、合格してから始まります。例えば、司法試験に合格しても、弁護士や検事、裁判官になってから、本当の勉強が必要とされるのです。パターン問題で簡単に答えが出るようなものではありません。
 医師の国家試験に合格しても、そこから本当の勉強が始まります。医者は常に、いろんな病気と戦っていかなければなりません。勉強が生涯の仕事になるのです。
 そして、勉強を嫌いにしたら、その人の成長も止まってしまいます。ですから、受験勉強の負担は、できるだけ軽いほうが良いのです。こうしてまとめ上げられた負担の軽い受験勉強法が、SP式速読記憶術です。
 これは、あくまでも基礎的勉強にすぎず、本当の勉強は、図書館や書店で著者の知識や如恵を直接に自分のぺ一スで学んで研究していくことだと思ってください。  


  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!