SP式記憶術~記憶力を向上するために

 チャンク(固まり)として情報を処理すると、たくさんの知識をまとめて覚えることができます。
 たとえば20個の元素記号を覚える際に、「水兵リーベ僕の船 ななまがりシップスクラークか」と 語呂合わせを使うと5チャンク程にへり、覚えるのが楽になります。 記憶術のテクニックを使用することにより、一度に50も100も覚えることが可能になります。

 eumbajaliocというスペルを覚える際に、1文字ずつ覚えるとすると11チャンクの容量が必要ですが、 「ユムバジャリオック」と発音すると7チャンクに減ります。 EU、MBA、JAL、locという略語に分けると4チャンクに減ります。

 チャンキングの技術に習熟すると、情報の書き出し量がずいぶん変化します。 例えば本を理解しながら読んで、単語を書き出せる量は4 ± 1チャンクになります。 チャンキングの特訓により、上級者は100単語以上を一度に書き出せるようになるため 効果は抜群です。

 また、頭の中をタンスの引出しに例えると、次々とバラバラに衣類が入っていくようなものです。 タンスの中をきちんと整理すると、すぐに欲しいものを取り出すことができます。 頭の中を整理するトレーニングにより、読んだ内容を正確に書き出せるようになるのです。

無料体験レッスン記憶術コースでは、基本的な記憶術のレッスンを無料体験することができます。

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!