NHK「あさイチ」1Q84特集 取材の様子

■ 2010年4月16日(金)放送
■ NHK「あさイチ」1Q84 Book3発売日に放映された様子です。
■ 渡辺インストラクターが生出演し、発売直後の1Q84を読破しました。

井ノ原 快彦さん 「おはようございます!」
柳澤 秀夫さん 「おはようございます」
有働 由美子さん 「おはようございま~す」
井ノ原 「4月16日金曜日のあさイチです」
柳澤 「はい」
(シーン切り替わり)
松田 利仁亜 「今日は、1Q84、この本についての話題、お送りしていきます。えー、ノーベル文学賞に最も近い日本人とも言われます、村上春樹さんが去年出した本ですよね。えー、去年このBook1、Book2、確保しました、が同時に発売されました。そして今日、1Q84のBook3が発売となりました。光浦さん含め、気になる点を挙げて頂いたんですけれども、ちょっとだけ今日発売になったこのBook3の疑問点について番組でお答えしようと思うんです」
井ノ原 「お-」
有働 「どうやって?」
井ノ原 「いいんですか?」
松田 「あの、もちろん、ファンの方は、ね……。でも気になる点もあるじゃないですか」
井ノ原 「ちょっとね」
松田 「そう、だから、あの、ネタがばれない程度に……」
井ノ原 「あー、小出しにしてね!」
松田 「してもらおうということで、中継を今日は番組で出しています」
井ノ原 「中継!」
松田 「呼びかけます」
有働 「どこに?」
松田 「小林アナウンサー」
小林孝司アナ 「はーい。雨の中、行列ができてますよ。東京神田の三省堂書店。普段10時開店のところ、今日は特別7時にオープンしました」
井ノ原 「あー、会社前にね」
小林 「皆さんのお目当てはもちろんこれ(1Q84)です」
スタジオ一同 「うわー」
小林 「じゃーん! というわけで、私もゲットしました」
小林 「Book1、2は500ページ台だったのが、Book3はボリュームアップして602ページです」
井ノ原 「うわっ、長い!」
有働 「ふーん」
小林 「いやいやいや、それだけのボリューム……」
スタジオ 「全然読めちゃいますよね」
小林 「今日はこの場でこれを読んで、斉藤さん、南野さんの気になる興味の点についてもご紹介したいと思っています。で、そのために機材車に助っ人をお呼びしました」
スタジオ 「はい」
小林 「速読指導員の渡辺真惟さんです。1ページ2秒で読むことが出来るということで……」
井ノ原 「本当に!? すごい! いーな」
小林 「早速、お願いしましょう。もちろん初見です。準備はよろしいですか?」
渡辺 「はい、大丈夫です」
小林 「それでは速読スタートです」
井ノ原 「すごい」
小林 「もういきなり1ページ!」
井ノ原 「うそぉ!? すごい!」
小林 「もうめくってる。もう6ページくらい行ってますか」
柳澤 「なんかコピー取ってるみたい」
井ノ原 「ねぇ」
有働 「ほんとにこれで内容読んでらっしゃるんですか!?」
小林 「しっかり読んでらっしゃるんですよ。目の中に塊でどんどん頭の中に入れていくと……」
井ノ原 「目がすっごい動いてる」
小林 「で、この目の動きにめくる指が追い付かないということで、サックを付けて……」
井ノ原 「ほんとだ!」
小林 「読んでらっしゃるんですね」
有働 「すごい」
井ノ原 「へー」
小林 「で、これ今日どんどんカウントをしていきますが、このカウントもなかなか読むページ(スピード)に追いつかない。もう番組内に読み終わるのは確実です。またこちらから呼びかけます」
井ノ原 「はーい。いーなー。あれできるようになりたい」
スタジオ 「読書なんですかねえ? なんかちょっと気になるけど」
井ノ原 「スポーツみたいですね」
有働 「ほんとねーこれ」
松田 「このあとに、すみません、9時くらいを目途にまた中継で、読み終わっているのかどうか、中継で……」
井ノ原 「あっ、そのころにはもう読み終わっているかもしれないんですか? そうか」
松田 「後程また、ご紹介いたします。そして……」

後編へ続きます

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!