SP速読学院ロゴ

NHKあさイチ 村上春樹「1Q84」トーク番組に出演
2010年4月16日放送

1Q84速読 放映のくわしい様子はこちらからご覧頂けます。

 4月16日 NHKの情報番組「あさイチ」にSP速読学院の渡辺インストラクターが生出演しました。

 4月15日(木)午後9時に橘学院長と渡辺インストラクターがNHK放送センターを訪問し、平田恭佐チーフプロデューサーや小林孝司あさイチリポーターと打ち合わせを行いました。番組は4月16日発売の村上春樹さん著「1Q84」Book3についてのトーク番組です。村上春樹ファンの齋藤孝さん(明治大学文学部教授)や光浦靖子さんより、「1Q84」を速読する渡辺インストラクターが展開について質問を受けるコーナーなどを予定しています。未読の村上春樹ファンの方へ配慮して、答えははっきりと示さずジェスチャーで暗示するということになりました。

 4月16日朝、NHKの中継車で神田神保町の三省堂書店に向かいました。8時23分から渡辺真惟インストラクターが初見で1ページ約2秒のペースで発売されたばかりの「1Q84」Book3を読み始めました。Book3は602ページ、約30分で読了しました!

渡辺さん「すごくおもしろいです! 意外な展開でした」
光浦さん「主人公の二人は出会えましたか?」
渡辺さん(左右の人差し指を近づけたり離したりしてジェスチャーで答える)
齋藤さん「二つの月はひとつに戻りましたか?」
渡辺さん(両手で円を二つ作り、円をくっつけたり離したりして答える)
南野陽子さん「青豆は生きていましたか?」
渡辺さん(目で頷くような困ったような表情をする)

 読む前から内容がばれてしまえば、読者が読むときにしらけてしまいます。感性の鋭い方はジェスチャーで答えがお分かりでしょう。渡辺インストラクターはおそらく「1Q84」Book3を一番はじめに読み終えた人になったと思います。
 収録後、NHKスタッフから携帯電話で渡辺さんに質問がありました。収録では話せなかった展開、要点、結論を明確に答えていました。

  ★流し読みではなく、しっかり読み記憶に残しながら速読できるSP速読法。
 あなたも速読を体験してみませんか?  無料体験はこちらから

  • このページの上部へ
  • トップページへ
  • サイトマップ
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.