SP速読学院ロゴ

法律速読で司法試験合格

  法律速読で司法試験合格
K.H さん

 私は1年目の択一で9問も残して不合格になり、択一対策として問題を解くスピードを上げる事を目標に定めた。たまたま書店で速読の公開講座のポスターを見て、専門書が読めるという事で興味を持ち、SP式の講座に参加した。

 1時間30分のトレーニングで約2倍に読書スピードが上がり、本格的に速読トレーニングを開始した。速読力は約10回の通学で最初の約6倍のスピードで法律書を読めるようになった。試験勉強では過去問の解答を見ながらどんどん読み反復学習をして知識を蓄積していった。

 単語スピード認識訓練ではキーワードを見ると憲法の文章が思い浮かぶようになり、択一試験本番では速読はさらに威力を発揮した。他の受験生が問題を解くのに必死になっている間に、私はひととおり解答し、そのあともう一度読み直したが、解答を変更したところは1ヶ所だけだった。結果は択一3回目で合格を勝ち取る事が出来てSP式速読に感謝する。



教科書や板書がイメージで頭に入ってくる。

SP速読学院 受講生の方の体験談を紹介致します。
第19回目は京都教室に通う森永 將義さんです。(2013年3月)

お名前

森永 將義さん
 ご入会時は高校生でした。大学受験に向けて速読トレーニングを始められました。

入会日と受講コース

2011年12月29日ご入会
総合コース(50分×50回)
 総合コースは1分間に17,000文字以上の速読習得が目標のコースです。
 速読の他に英語速読、記憶術のトレーニングも受講されました。

トレーニング前の読書スピード

全体理解 2,925文字/分

現在の読書スピード

グラフ 全体理解
 18,200文字/分
精読
 9,000文字/分

速読を学んで

 僕が速読を始めようと思ったきっかけは、受験勉強に役立つ読解能力をつけようと思ったことです。速読を始めたことで、学校で学んだことをただ頭につめこむだけだった今までとは違って、教科書に書いてあること、板書などがイメージとして頭の中に入ってくるので、習った単語などがきれいに整頓されて記憶でき、さらにそれに関連した知識が一緒に思い出しやすくなったと思います。
 文字が速く読めるようになった分、同じ時間でも多くの文字が読めるので、自然と読める本の数は1冊、2冊と増えていきました。しっかり読んでも1時間あればたいていの本は読めるようになりました。
 レッスンは回数ごとに実力が上がっていくのが実感できて楽しかったです。
 個別指導だったので、自分の疑問に思ったことなど講師の先生に詳しく聞くことができ、より効率よく速読の能力が高められたと思います。
 英語速読は、普段の文法、単語の意味をじっくり考えて、遅く読んでしまうクセを取るのにパソコンを使った練習がとても便利だと思いました。
 記憶術は(右脳を使った)記憶する方法を教わり、早く長持ちする記憶ができるようになったと思います。


  • このページの上部へ
  • トップページへ
  • サイトマップ
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.