SP速読学院ロゴ

速読記憶術体験談 樋口さん TOEIC180点アップ

SP速読学院 受講生の方の体験談を紹介致します。
第11回目は大阪教室に通う樋口 裕子さんです。(2012年3月)

お名前

樋口 裕子さん写真

入会日と受講コース

2011年12月9日ご入会
受講コース 総合コース50回
(20%追加キャンペーンにより10回追加)
計60回×50分

トレーニング前の読書スピード

1,215 文字/分

現在の読書スピード

グラフ 全体理解
 14,720 文字/分
精読
 9,400 文字/分

速読を習うきっかけ

 最初はNHKの特集を見て速読に興味を持ちました。会社の友人と比べて本を読まないので、考え方や話題が浅い事が気になっていた為、短い時間で本をたくさん読めたらとても便利だと思いました。
 そして就職活動中の合間に、また社会に出るための準備として速読を身につけようと考えて習い始めました。資料やメールを速読できたらと思います。

速読を習っていてよかったこと

 TOEIC®の時に早く読める様になったので、スコアが上がりました。前回より180点以上も上がったので良かったなと思います。

速読を始めてから、読書量は増えましたか

 普段は新聞を読むときに速読を使っています。本も今までは1年に1冊読むか読まないかだったのに、1週間で1冊は必ず読むようになりました。

これから読んでいきたい本など

 たくさん読む中でも自分の力にしたいので、できるだけ要約と短い感想をメモにして残しています。これからは、話題の小説やビジネス新書を読んでいきたいです。

速読をこれから学ぶ方に向けて一言どうぞ

 費用がかかる習い事ですが、一生使えるスキルが身につきます。私も中学生の時に速読をやっていれば今頃は…… と思いました。



  読書でも勉強でも瞬時に理解できる画期的な方法に満足
K.N さん 

 99年の春、25年間の公務員生活にピリオドを打ち、司法試験を目指すことにしたK.N さん。以前から速読法に関心があり、本など読んで色々と試したが、思うような成果を上げられなかった。そこで出会ったのが、SP式速読法。

 K.N さんは「まず、パソコンを使うのが画期的ですね。この速読法では、ページ全体が写真のように瞬時に理解できてしまうんです。660ページ程の憲法関連の本を速読でなくても1時間20分で読めるようになりました。速読ならもっと早い」と笑う。

 司法試験の勉強、六法全書を読むのにも大変役立っているという。さらに、「英語やドイツ語も同じように速読で読むことができるようになった」と、大変な満足を感じている。

※K.N さんは、フジテレビの特別番組に出演、脳年齢を測定し、29歳と判定されました。(実年齢52歳)



  • このページの上部へ
  • トップページへ
  • サイトマップ
お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.