SP速読学院ロゴ

SP速読学院 速読ブログ

速読の真実 レイナ―教授の報告は真実か さいごに

2016年12月22日

速読の真実
 速読記憶術研究家 橘遵(SP速読学院 学院長)
6・さいごに
残念ながらレイナー教授の周りには、このような速読を実践するグループがいなかったようですね。『速読の真実!』速読の調査範囲が狭いと言えます。この記事が多く読まれている理由は、速読教室に通った人で速読を身に付けていない人が多いからでしょうね。速読教室側の努力不足、つまり能力開発が不十分だった結果がこのような誤解を生じさせているのです。

同じ文章で繰り返して内容を憶えたら、2行や3行同時に理解することも可能です。心内辞書の背景知識や概念知識を活用しているからです。しかし、初めての文章を読んだときは速読して覚えている人は大変少ないのです。

レイナー教授の論文は速読教室の運営者に反省を促していると思います。同じ文章で繰り返し練習して、同じ文章で読書速度を計測している速読教室は、その体育会系の古典的なトレーニングをもっと科学的で効率的なトレーニングに改めた方が良いと思います。

頭の中の心内辞書(google検索では人間が脳に持っている辞書)に背景知識や概念知識が蓄えられています。覚えているものは見ただけで思い出せます。飛ばし読みでも理解できます。クイズでも一瞬に心内辞書から知識を引き出しているのです。

本にさわっただけでも読めると言っている速読教室は超能力を開発しているのではなく、背景知識を思い出しているだけです。

このような現状に一石を投じて下さったレイナー教授の論文に感謝の意を述べたく思います。

お申込・お問合せ・資料請求はお気軽にフリーダイヤルでどうぞ。 0120-784-005
会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
admin@pc-sokudoku.co.jp
Copyright © 2002 - 2017 SP速読学院 All Rights Reserved.