新着情報一覧

2013.08.24
読書記録、本の紹介

【死亡フラグが立ちました!】を読んで…

こんにちは!京都教室速読インストラクターのDです。
今日は朝から雨がシトシト降ってますね~。空も心なしか暗いですね~。
私はよっぽどの大雨でない限り、傘をさすのが嫌です。
何故…?それは荷物が増えるから!なんだか体に負荷がかかる感覚があまり好きではないんですね。

 

今回はこちら♪
★★★☆☆

[amazonjs asin="4796677259" locale="JP" title="死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) (宝島社文庫 C な 5-1)"]



貧乏フリーライターの陣内のまわりで起こる「死神殺人」の数々…。
それらを高校時代の先輩であり変人、保有資産100億の本宮と、人情に厚いヤクザの松重(とその子分)が追っていく。
そして事件は偶然の事故死ではなく、死神と呼ばれる殺し屋による巧妙な手口の殺人だった。すべては17年前に起こった一家惨殺事件から始まっていたのだ…。

本編中には時折シリアスな場面も出てくるんですが…全体的には結構軽めな印象を受けました。
おそらく登場人物のキャラがどうも緩いので…場面が締まらないんでしょうね。

【陣内】松重の中学生の娘・真由に言わせると中肉中背のまぁまぁのイケメン。あまりぱっとして個性を感じられない主人公であります。

【本宮】陣内による本宮に対する形容は「節操なしの才能の持ち主」(彼はいつもハーモニカを首から下げており、彼が演奏するハーモニカの音色は人々を魅了するぐらい美しい…。)
あとは「無駄に不死身」とのこと。
たしかに本書には山場とラストには普通の人間ならとっくに死んでいるだろうというシーンがある。しかし本宮は持ち合わせている豊富な知識と恐れ知らずの行動で「ひょひょい」と切り抜けている…。スゴイ!の一言です。

【松重】
も う私の中では俳優の「松重豊」さんしかでてきません…。(身長188センチとのこと!)なんでそんなに渋いんですか~。なんでそんなに他人の事を思いやれ るんですか~。恰好いい大人の代表ですね!ちなみに彼は素敵なキスをした後、それが原因で死神の予告通り24時間以内に命を落としてしまいました…。残念 すぎる結末です!
娘のことを「世界で一番の美女」って照れもせずハッキリ言ってしまう松重さん、本当に恰好いいです…。

ちなみに…他にもよく分からない設定のキャラもいます。※ここから先は若干ネタバレです…。

【女優 黒谷麻美】彼女の過去を探ると周りに事故死した人間が多い。死神をも凌駕する魔女設定。千里眼の持ち主らしい。死神こと殺し屋がどんな仕掛けをしてもいとも簡単に見抜いてしまうらしい。(すごく都合のよい設定ですね~)

【黒谷マネージャーの稲垣】近頃女子中高生に「きもカワイイ」と人気のキューピーのような見た目の男性。素人だがテレビに黒谷と出演。死神と呼ばれる殺し屋の正体はこの男。本名:田中とすお。17年前に自分の家族をサバイバルナイフで惨殺した。

なんでこんなにも都合よく人間を死に誘導できるんだ~と突っ込みつつ、死へ導くまでの様々な仕掛けがすごすぎて、いったいどれだけの労力やお金を費やして偶然を起こしてるんだ!と突っ込みまくりの1冊です。

the作り話としては満点です。
家でじっくり読むとうより通勤途中にさらっと読むのに適した1冊でした。
気になる方、ぜひ教室でご一読くださいませ~。

ではでは!

 

  • 無料体験レッスン
  • オンライン体験レッスン
  • メディア掲載情報|各種メディアに多数出演!
  • 書籍|SP速読学院が出版した書籍一覧
  • CD/アプリ|SP速読学院が開発したトレーニングアプリ
  • 企業研修
  • 無料速読トレーニング
  • 速読情報
  • ブログ情報|随時更新中!